手荷物輸送制限

手荷物として輸送できない物品

本項目で述べる物品について、搭乗者はスーツケースに入れたりや機内に持ち込んだりすることができません。これに違反した場合、吉祥航空は輸送サービスの提供をお断りする権利を有します。
危険物(例)
(1)爆発物。
(2)引火性ガス、非引火性の無毒のガス、有毒ガス等のガス。
(3)引火性液体。
(4)引火性固体、自然発火性物質、水と接触すると引火性ガスが発生する物質。
(5)酸化剤、有機過酸化物。
(6)有害物質、伝染性物質。
(7)放射性物質。
(8)腐食性物質。
(9)磁気を帯びた物質。
(10)麻痺させたり、人を不快にさせたりする物質、その他の類似の性質の物質。
(11)航空機を汚損しやすい物品。
(12)リチウム含有量が2gを超えるリチウム電池、または定格量が160Wh(ワット時)を超えるリチウムイオン電池。
(13)吉祥航空が手荷物として輸送できないその他の危険物。
各種モデルガンを含む銃、銃型ライター、およびその他のさまざまな攻撃性を有する武器。但し、スポーツ用機器を除く。
兵器、警察武器。
規制対象刃物。
介助犬以外の活きた動物。
国が規定するその他の輸送禁止品。

受託手荷物として輸送できない物品

受託手荷物は、万全な梱包・施錠を行い、しっかりと結束され、正常な取扱条件のもとで安全に積卸と輸送ができる必要があります。梱包が要求に適合しない手荷物については、輸送の引き受けをお断りすることがあります。危険物の表示やマークのある梱包材は、一般的に手荷物の梱包に使用することができず、手荷物の梱包に用いた場合は梱包上の危険物表示・マークを必ず剥がしたり覆ったりしてください。

重要文書・資料
現金、為替手形等の有価証券。
宝飾品、貴金属(金・銀等)およびその製品。
骨董書画。
割れやすい物、壊れやすい物、腐りやすい物。
リチウム金属電池やリチウムイオン電池を含む、個人用モバイル電子機器(リチウム電池の輸送規定は、吉祥航空の公式ホームページwww.juneyaoair.comをご覧ください)。
サンプル等の貴重品。
電子デジタル製品(各種カメラ、ノートパソコン等)。
パスポート。
その他の特別な管理が必要な物品は、受託手荷物としたり受託手荷物内に入れたりすることはできません。吉祥航空の手荷物の重量・体積に関する制限に適合する場合、非受託手荷物として、お客さまが機内に持ち込み自ら管理することができます。

輸送が制限される物品

吉祥航空には、下記の物品について厳格な数量制限と梱包要求があり、吉祥航空の輸送条件に適合し吉祥航空が同意する場合にのみ、輸送の引き受けが可能です。

1. 精密機器や電気製品等の物品は、貨物として輸送します。受託手荷物として輸送する場合は必ず適切に梱包し、これらの物品は無料手荷物に含めることができず、重量超過費用に基づき運賃を徴収します。
2. 射撃用銃や弾薬等のスポーツ競技用の銃器は、必ず銃器輸送許可証または国の体育行政部門の許可証明書を提示し、受託手荷物として輸送を行います。銃器は必ず弾薬を外し安全装置をかけ、適切に梱包します。
3. 介助犬とは、身体の不自由な方の生活や仕事をサポートする特殊な犬を指し、補助犬、盲導犬、聴導犬等が含まれます。
4. 外交郵袋、機密文書。
5. お客さまが旅行中に使用する折り畳み椅子や電動車椅子。
6. 規制対象刃物以外の鋭利な刃物や鈍器、例えば、料理包丁、果物ナイフ、食事用ナイフ、工芸品の刀、手術用メス、はさみ、かま、演出用の刀、剣、矛、骨董品または観光記念品の刀、斧、棍棒、ハンマー等は、機内に持ち込むことができず、受託手荷物内に入れて輸送を行います。
7. ドライアイス、液体品(酒類およびアルコールを含む飲料等を含みます)、お客さまが渡航中に必要な喫煙具、薬品、化粧品等。液体品の容積・容量は、政府当局と吉祥航空および関連の運送請負人や空港の制限要求に適合している必要があります。酒類およびアルコールを含む飲料は、機内に持ち込むことができず、受託手荷物として輸送しなければなりません。
8. 定格量が100Whを超え、160Wh未満のリチウム電池。
9 医療上必要な酸素ボンベや小型空気ボンベ。搭乗者が身に着けて機械肢体を操作するための小型炭酸ガスボンベ。炭化水素を含むホットカーラーは、お客さま1名につき1つまでとします。
10. 大型楽器等の航空機の貨物室での輸送に適さない物品で、かつ重量・体積が非受託手荷物の制限規定を超える物品は、単独で費用を支払いキャビン内に持ち込み客席を使用することができ、お客さまが自ら保管し、自ら保管責任を負うものとします。
11. 搭乗者1名当たりの機内持ち込み手荷物内の液体・ジェル・スプレー類の物品は、いずれも容量100ml以下の容器に入れ、総容量が1リットルを超えないものとします。
12. 生体臓器や血液製品は、お客さまの座席の下に適切に置き、自ら保管しなければなりません。重量・体積が非受託手荷物の上限を超える場合、単独で費用を支払いキャビン内に持ち込み客席を使用することができ、お客さまが自ら保管し、自ら保管責任を負うものとします。