機内持ち込み手荷物
返回

お客さまとその他の搭乗者および乗務員の安全のため、機内持ち込み手荷物は必ず座席上方の荷物棚または前の座席の下に置き、緊急出口(主翼位置の出口および客室前方出口)付近にお座りのお客さまは、手荷物をかならず座席上方の荷物棚に入れ、緊急事態の際に手荷物が避難の妨げとならないようにしてください。

当社は搭乗手続きの際および搭乗前に、お客さまの機内持ち込み手荷物に対し検査を行います。搭乗手続きの際に、重量が超過する手荷物は受託手続を行う必要があります。搭乗前には、機内持ち込みの上限を超える手荷物はすべて貨物室に預けなければならず、上記の手荷物の重量と受託手続済みの手荷物の総重量が上限を超えた場合、搭乗者は手荷物超過料金を支払う必要があります。

吉祥航空は自らの判断に基づき、お客さまとその他の搭乗者の安全または快適性を基準として、お客さまの手荷物が機内持ち込み可能か、または受託の必要があるかを決定する権利を有します。

機内持ち込み手荷物の一般規定

1. 機内持ち込み手荷物の重量は、搭乗者1人当たり5kgを上限とします。ビジネスクラスまたはファーストクラスのチケットをお持ちのお客さまは、1人当たり2点までの手荷物を機内に持ち込むことが可能です。
2. エコノミークラスのチケットをお持ちのお客さまは、1人当たり手荷物1点のみを機内に持ち込むことが可能です。機内持ち込み手荷物は、1点の体積が20×55×40cmを超えない(国内便)、または3辺の和が115cmを超えない(国際便)ものとします。
3. お客さまが機内へ持ち込む液体品(液体、ジェル、エアゾール)は、100 ml(ミリリットル)以下の容器に入れてください。容量が100ml(ミリリットル)を超える容器については、容器内の液体が100 ml(ミリリットル)以下であっても持ち込むことができず、受託手続が必要です。
4. 機内へ持ち込む幼児用粉ミルク・牛乳・母乳(幼児をお連れの場合)、糖尿病患者またはその他の患者が持ち込む必要のある液体薬品については、安全検査を受けなければならず、安全検査スタッフへ証明書を提示してください。

機内持ち込み手荷物の上限

航空路線種別 座席クラス 数量上限(点) 重量上限(1点当たり) サイズ上限(1点当たり)
国内線 ファーストクラス 2 5KG 以内 20×55×40CM
エコノミークラス 1
国際線、香港・マカオ・台湾線 ビジネスクラス 2 三辺の和が115CM以下
エコノミークラス 1
注: 上記の重量・点数・体積の上限を超える手荷物は機内への持ち込みができず、受託手荷物とする必要があります。