リチウム電池に関する輸送規定
返回

携帯電話、ノートパソコン、カメラ、ビデオカメラ、計算機、腕時計等の個人用のリチウム電池を含むデバイス、リチウム電池式携帯電源(モバイルバッテリー等)、および携帯・移動に必要な合理的な数量の予備電池を機内に持ち込む場合、以下にご注意ください。

 

(一) リチウム電池を含む電子デバイスは、機内へ持ち込んでください。

(二) 予備用リチウム電池およびモバイルバッテリーは、受託手荷物の中には入れず、機内に持ち込んでください。

(三) リチウム電池のモバイルバッテリーは、リチウム電池の規格および数量に応じて輸送を行います。飛行中にリチウム電池のモバイルバッテリーを使用して充電を行うことはできません。電源スイッチのあるモバイルバッテリーは、飛行中は常に電源をオフにしてください。

(四) 機内へ持ち込むリチウム電池には、ショート防止の保護措置が必要です。リチウム電池を購入時の包装に入れ、むき出しの電極にテープを貼り、電池を1つずつビニール袋または保護ケースに入れて、電極を絶縁できるようにしてください。

(五) リチウムイオン電池で駆動する車椅子またはその他の移動設備、および医療用のリチウム金属またはリチウムイオンの電池セルまたは電池を含むポータブル医療電子装置は、輸送およびその包装が、国際民間航空機関の「危険物の航空安全輸送に関する技術指針」に適合し、航空会社の承認を得ている必要があります。漏出が発生した場合、航空会社が被った損失は、お客さまが責任を負うものとします。

リチウム電池、予備電池、モバイルバッテリーの規格 持ち込み可能な数量 輸送規定
定格量≦100Wh 5(モバイルバッテリーは2個まで) 機内持ち込み手荷物に入れ、申告不要
100Wh<定格量<160Wh 2 航空会社の承認後に機内持ち込み可能
定格量>160Wh 機内持ち込みまたは受託禁止(リチウムイオン電池を装着した車椅子を除く。具体的な規定は以下を参照)
注:搭乗前に、電池に表示されている定格量(Wh)を確認してください。表示のない場合は、以下の公式に基づき計算します。
定格量(Wh)=電池容量(Ah)×公称電圧(V) 
電池の容量単位の換算:1Ah=1000mAh
機内持ち込み可能なリチウム電池およびリチウムを含む設備の規定
リチウム電池種別 定格量またはリチウム含有量の制限 受託・持ち込み 数量制限 持ち込み規定

リチウム電池で駆動する電子デバイス

1.カメラ、ノートパソコン、ビデオカメラ、パームトップゲーム機等のポータブル電子デバイス。

2. 除細動器、噴霧器、物理的酸素発生器等のポータブル医療設備。

≦100Whまたは≦2g 受託または持ち込み 電子デバイスの不慮の起動防止

リチウム電池、予備用リチウム電池、モバイルバッテリー:

1. カメラ、ノートパソコン、ビデオカメラ、パームトップゲーム機等のポータブル電子デバイスの予備用リチウム電池

2. 除細動器、噴霧器、物理的酸素発生器等のポータブル医療設備の予備用リチウム電池

≦100Whまたは≦2g 機内持ち込み すべての電池にショート防止措置
以下のリチウム電池またはリチウムを含む設備は、当社へ申請し承認後に機内持ち込みが可能です。
リチウム電池種別 定格量またはリチウム含有量の制限 受託・機内持ち込み 数量制限 機内持ち込み規定

リチウム電池で駆動する電子デバイス

1.カメラ、ノートパソコン、ビデオカメラ、パームトップゲーム機等のポータブル電子デバイス

2. 除細動器、噴霧器、物理的酸素発生器等のポータブル医療設備

100Wh~160Wh
または2g~8g
受託・機内持ち込み 電子デバイスの不慮の起動防止

リチウム電池、予備用リチウム電池、モバイルバッテリー:

1. カメラ、ノートパソコン、ビデオカメラ、パームトップゲーム機等のポータブル電子デバイスの予備用リチウム電池

2. 除細動器、噴霧器、物理的酸素発生器等のポータブル医療設備の予備用リチウム電池

100Wh~160Wh
または2g~8g
機内持ち込み 1人2個まで 電子デバイスの不慮の起動防止

電動車椅子または歩行

車椅子、電動移動機器

電池取り外し可能: UN38.3の検査要求に適合

電池取り外し可能: ≦160Wh(2個の電池で駆動する車椅子)、≦300Wh(1個の電池で駆動する車椅子)

電池取り外し可能: 受託

電池取り外し不可: 電池は機内持ち込み、車椅子は受託

電源を切断し、不慮の起動や破損を防止

電動車椅子または移動機器の予備用リチウム電池

車椅子、電動移動機器の予備用リチウム電池

≦300Wh 持ち込み

≦160Wh: 1人2個まで

≦300Wh: 1人1個まで

すべての電池にショート防止措置を講じる