国際運送約款
0総則

上海吉祥航空株式会社は国際便の旅客、手荷物はターミナルの地上サービス、保障サービス、有効に提供できるため、旅客、国際手荷物運送約款を定めました。上海吉祥航空株式会社旅客運送契約の一部として、主に下記の内容:

《中華人民共和国民間用航空法》、《中国民間用航空旅客、手荷物国際運送規則》、《大型飛行機公共航空運送人運航合格審査規則》、《民間用航空機運航管理規定》など法律に関する、法律規制を基準にして定めた本約款です。 0.1. 上海吉祥航空株式会社の国際旅客、手荷物運送の航空券販売代理店、地上サービスの各部署の従業員及び地上サービス代理人などターミナルを回転する際、準じる宗旨と規則として利用されます。国際旅客、手荷物運送にかかわる部署と人、及び子会社、営業部、オフィス、地上代理人も含め、徹底に履行しなければなりません。 0.2. 国際旅客、手荷物運送中の航空券販売店、チェックイン手続き、手荷物の託送など、標準的、プログラマティック、模範的な管理をより一層パーフェクトになれるため、本約款を発行と実施しました。したがって、安全第一、順調運航、良質なサービスを実現できます。

1.定義

《上海吉祥航空株式会社旅客、手荷物運送約款》略称“条件”に下記の名詞は具体的明確な規定を除く、意味は下記の通りです: 1.1.“吉祥航空”は上海吉祥航空株式会社の略称です。英語コード:HO 1.2. 「条約」とは、政治的なまたは特定の問題に関して3カ国以上の国の間で締結される一種の合意を意味します。本約款における条約とは中華人民共和国が締結した国際航空運送に関する条約をいいます。下記の内容を含みますが限らない: 1.2.1. 1999年5月28日にモントリオールで調印された、国際航空運送に適用される特定の規則の統一に関する条約(略称:モントリオール条約)。 1.2.2. 1929年10月12日にワルシャワで調印された、国際航空運送に適用される特定の規則の統一に関する条約(略称:ワルシャワ条約)。 1.2.3. 1929年10月12日にワルシャワで調印され、1955年9月28日にハーグで調印された、国際航空運送に適用される特定の規則の統一に関する条約を改正するための議定書(略称:ハーグ議定書)。 1.2.4. 1963年9月14日に東京で調印された、航空機内での犯罪行為およびその他一定の行為に関する条約(略称:東京条約)。 1.3. “吉祥航空規定”本運送約款以外、吉祥航空が有効的な適用運賃及び適用条件などを含めて、旅客及び手荷物を安全運送管理のため、航空券開示してから有効になる様々な規定を公開しました。 1.4. 【国際運送】とは、運送中に経由または乗換えがあるかどうかは問わず、運送契約に基づく出発地、目的地または約束した予定寄航地のひとつが中華人民共和国内ではなく2国以上のある運送をいいます。 1.5. 「地域線の運送」とは、香港特別行政区、マカオ特別行政区および台湾を含む中華人民共和国領域の特別地域間の運送をいいます。 1.6. “運送人”とは、国内の運送人、香港、マガオ地域の運送人、外国運送人を含めて、民間航空機が旅客、手荷物を運送する公共航空運送会社、 1.7. 「発行運送人」とは、電子航空券の搭乗用片または割引用片にIATAアカウンティングコードを表示している航空会社といいます。航空券発行会社は電子航空券販売を統括する権限を得ている実体であるものとします。 1.8.【販売運送人】とは、コードを販売運送人として電子搭乗用片または割引用片に記載された運送会社といいます。合同協議があるとき、例えば、コードシェア協議の場合、販売運送人は必ずしも実際運送人ではありません。 1.9. 「実際運送人」とは、一部または、全部運送契約を履行する航空運送会社のことをいいます。 1.10. 「吉祥航空販売代理人」とは、吉祥航空が権限を与えられ、吉祥航空の代表として、契約した権限範囲内当該旅客運送商品を販売する会社です。 1.11. 「旅客」とは、乗務員組を除く、吉祥航空が同意した上、運送する人、またはすでに運送されている人をいいます。 1.12.「児童旅客」とは、航空運送開始日時点で2歳以上12歳未満の旅客をいいます。 1.13.“無同伴児童”とは、運送開始日時点で5才の誕生日を迎えているが未だ12才の誕生日を迎えていない、成人(18歳満了公法に関わる法律で定められた年齢)が同伴していない児童。といいます。 1.14.「幼児」運送開始日時点で生後14日以上2歳未満の旅客をいいます。 1.15.「座席の予約」とは、座席、座席クラスグレードの確保、または手荷物の重量、容量の確保することをいいます。 1.16.「有効な身分証明書」とは、旅客が、航空券を購入したりチェックインしたりする際に、管轄政府機関が定めている身分を証明するものを提示しなければなりません。例えば、有効な(ビザ)パスポート、香港、マカオまたは台湾居住者の旅行証明書、船員手帳など書類をいいます。 1.17.“航空便”とは飛行機が規定されているルート、日時に運航することといいます。 1.18.「航空券」とは、吉祥航空もしくは吉祥航空旅客販売代理店により認可または与えられた搭乗権利の運送証明。電子航空券と紙状航空券に分けられています。 1.19.“紙状航空券”とは運送契約条件、公表、通知及び搭乗と旅客にかかわる情報を含めて吉祥航空または販売代理人などが吉祥航空代表として開示した“航空券及び手荷切符”の証拠といいます。 1.20.「電子航空券」とは、吉祥航空または吉祥航空旅客販売代理店が販売する電子データ形式の航空券であって、紙状航空券の代わりに電子航空券といいます。 1.21.「乗継航空券」とは、2つ以上の航空便をご利用の航空券をいいます。 1.22.「関連航空券」は、同一の旅客に対し、ある航空券に関連する航空券として同時に発券される航空券で、全航空券が一体となって単一の運送契約を構成するものをいいます。 1.23.「フィックス航空券」とは、搭乗便と搭乗日が固定され、座席が確定している航空券をいいます。 1.24.「オープン航空券」とは、搭乗便と搭乗日が固定されておらず、座席が確定していない航空券をいいます。 1.25.「搭乗用片」とは、この用片で「搭乗できる」2つの区間が記載されている、紙状航空券の一部分をいいます。 1.26.「旅客用片」とは、旅客が常時携行すべき、「旅客用片(Passenger Coupon)」と標示されている紙状航空券の一部分をいいます。 1.27.「航空運送電子航空券のスケジュール」(略称「スケジュール」)とは、吉祥航空または吉祥航空旅客販売代理店が、旅客に電子航空券購入代金支払領収書と旅客の旅程確認書として提供したものとします 1.28.“日”とは、カレンダーの日、1週間に7日間を含みます。通知を発信するときに当日を算入できません。航空券の有効期限の計算する時航空券の開示日または航空便運航開始日も算入できません。 1.29.“運賃”は航空会社公表された航空券の金額といい、費用及びかかわる運送条件を指します。 1.30.“普通運賃”は吉祥航空公表された、ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスなど、各クラスの中大人片道運賃のことをいいます。最高の運賃まで。 1.31.「特別運賃」とは、普通運賃よりは安いものの、受けられるサービスに制限がある運賃をいいます。 1.32.「予定寄航地」とは、出発地と目的地を除く、航空券または運送人のスケジュールに記載されている旅客の旅行ル-トに予定停留ターミナルのことを言います。 1.33. 「途中降機」とは、事前運送人の了承を得、旅客が出発地と目的地の間ある場所に降機のことをいいます。 1.34.「オーバーブッキング」とは、該当便の最大座席数を超える座席を販売することをいいます。 1.35.“編入オーバー”航空便の機械、飛行機の調達などの原因で飛行機を改造し、航空便合併が発生してしまい、航空便の旅客“オーバー”になったことを指します。 1.36.“コードシェア便”吉祥航空が、その他の運送人とコードシェア契約を締結し、お互いの航空便コードを共有使うことです。 1.37.“搭乗手続き締め切り時間”とは吉祥航空の規定により、搭乗手続きを行われる最終時間のことを指します。 1.38.実際“離陸時間”とは航空便旅客搭乗後、乗務員組は航空便管理部署から航空機の最後タイヤを撤去の許可を受ける時間のことを指します。計画“離陸時間”とは航空便管理部署指示した離陸時間で、吉祥航空が航空便スケジュールを公表した時間のことを指します。 1.39. 「ノーショー」とは、旅客が所定の期限までにチェックインと渡航書類に関す規定に適用しなかったことで搭乗できなかったことをいいます。 1.40.「乗り漏れ」とは、旅客が、出発地でのチェックイン後に、または寄航地滞在中に、指定便に搭乗できなくなったことをいいます。 1.41.「誤搭乗」とは、旅客が、航空券に記載された航空機ではない間違った航空機に搭乗したことをいいます。 1.42.「手荷物」とは、旅客が旅行中に着用または使用したり、機内で快適にまたは都合よく過ごしたりするために必要または適切であるとして旅客が携行する物品およびその他の私物をいい、旅客の受託手荷物と機内持込手荷物の両方が含まれます。 1.43.「託送手荷物」とは、旅客が運送人に保管と運送してもらう及び手荷物切符を開示しているものをいいます。 1.44.“持ち込む手荷物”とは受託手荷物を除く、身の回りの物品を含む旅客がご自身保管する手荷物のことを指します。 1.45.“無料持ち込み手荷物”とは搭乗期間中吉祥航空限定した品物と数量制限の身回り物品を吉祥航空の許可をもらった上、寄航地も含む、無料で携帯できる物を指します 1.46.“無料手荷物許容量”とは託送手荷物と機内持込手荷物の合計許容量です 1.47.“手荷物切符”航空券に記載している旅客の手荷物運送と関係あること 1.48.「手荷物預り証」とは、受託手荷物の識別のために吉祥航空が発行する証票です。 1.49.「損害」とは、吉祥航空による運送中または追加サービス中に搭乗中の旅客が死亡、負傷や財産の一部または全部損失とその他の損害をいいます。 1.50.“不可抗力”とは、いかなる妥当な措置を講じてもその影響を排除できないような、予見、回避および克服不能の客観的状況をいいます。 1.51.「旅客の都合による払戻し」とは、運送契約に基づく旅を旅客が自己の都合により完了できなかった場合における払戻しをいいます。 1.52.「会社の都合により払戻し」とは、吉祥航空が航空便の早着、延着、取り消し、スケジュールの変更、または予約された便の座席を提供できなかったことにより運送契約を履行できなくなった場合における払戻しをいいます。 1.53.「変更料」とは、元航空券の適用条件および本約款の適用条件に従い、旅客ご自身のご都合により搭乗日、航空便の変更により発生した手数料の請求することをいいます。 1.54.“経路変更”旅客がそのたの運送会社に変更することをいいます。 1.55.「搭乗放棄ボランティア」とは、吉祥航空の条件に基づいて搭乗する意思を示していて、特典と引き換えに予約を放棄してほしいという吉祥航空の呼びかけに積極的に応じてくれる旅客をいいます。 1.56.「運送拒否」とは、安全面の考慮、またはその他の理由で吉祥航空が旅客、手荷物の運送を拒否することをいいます。 1.57.「接続不可能」とは、航空便の遅延またはキャンセルにより、旅客が、乗継ぎに必要な確定座席がある乗継ぎ便に搭乗できなかったことをいいます。 1.58.“追加契約事項の申告”とは旅客の航空券またはスケジュール/領収書に記載してあり、または旅客に渡した本約款の概要と申告のことを指します。 1.59.「航空便の延着」は、到着予定時刻より航空機の車輪止めが取り付けられた時間が15分以上遅れた場合といいます。 1.60.「航空便の出発延着」は、出発予定時刻より航空機の車輪止めが取り外れた時間が15分以上遅れた場合といいます。 1.61.「航空便の取消し」とは、該当便延着の見込みがあまたは延着の原因で航空便を取消しすることをいいます。 1.62.「機内の延着」とは、航空機に搭乗した旅客が、航空機のドアが閉じられた後から離陸前までまたは航空機着陸後からドアが開けるまで、旅客が航空機内待つ時間が空港定めた離陸までの滑る時間より長い場合といいます。 1.63.「大幅なフライトの延着」とは、一定期間内に一定数の出発便および到着便の延着または取消しが生じたため、多数の旅客が空港で滞在されている状態をいいます。空港の大幅なフライトの延着基準は、航空便の数、当該空港保障能力など要素で空港管轄機関が決めたことです。 1.64.“「障害者補助装置」とは、障害のある旅客の補助装置をいいます。当該装置は、聴覚、視覚、コミュニケーション、行動、など障害がもたらす影響を軽減できる機能を有する装置です

2.適用範囲

2.1.本約款の第2.2、2.3、2.4、2.5中の例外規定を除く,吉祥航空が飛行機で旅客、手荷物を運送することによって報酬を得る国際航空運送及び吉祥航空が実際運航する運送人としてのコードシェア便と航空便に適用します。 2.2.本約款は、無償で運送約款と契約、証明など例外規定が適用されてない限り、無償でおよび特別運賃での運送にも適用されます。 2.3. 吉祥航空とのチャーター機契約に基づき運送サービスが提供される場合、本約款は、当該チャーター機契約およびチャーター機の航空券に関する項目に、本約款の適用範囲として定められている範囲内でのみ適用されます。 2.4. 吉祥航空とその他の航空会社とのコードシェアの契約がある場合、旅客が吉祥航空の座席を予約済み、さらに吉祥航空の航空会社コードを記載している航空券を持っても、搭乗したのはその他の航空会社の飛行機かもしれませんので、この場合、吉祥航空が運送人のことを旅客に通知しなければ、なりません。 2.5. 本約款の中に現行国際公約、律法、政府機関規定、指示または定めと一致でない約款に関しては、一致でない約款を除く、その他の約款はまだ有効となります。 2.6.例外の契約を除く、吉祥航空の規定に本約款と一致でない内容があっても、本約款を準じます。

3.航空券

3.1 一般規定 3.1.1. 航空券は吉祥航空と旅客が締結する運送契約の明確な証となります。 3.1.2.吉祥航空または吉祥航空旅客販売代理店は、吉祥航空が請求する運賃の全額を支払った旅客に対してのみ航空券を発券する義務を果たす必要があります。 3.1.3. 吉祥航空は航空券に記載された旅客に対してのみ運送サービスを提供し、旅客に対して有効な身分証明書の提示を要求できます。 3.1.4 航空券は譲渡できません。 3.1.5. 特別運賃で航空券を購入した旅客については、当該特別運賃に適用される条件に従うものとします。部分運賃の払戻しまたは、払戻しできない場合もあります。旅客が自分自身の状況に応じて適切な航空券をご購入のことをおすすめします。 3.1.6. 紙状航空券をお持ち旅客が、ご搭乗際、当該航空便の搭乗用片または、すべて未使用の搭乗用片と旅客に関わる航空券を提示しなければなりません、提示できない場合、または提示した航空券は破損や吉祥航空と関係ないその他の会社が変更したものでしたら、当該旅客は当該航空便をご搭乗する権利がありません。 3.1.7. 電子航空券で旅行する旅客は、航空券購入時に有効な身分証明書を提示する必要があります。電子搭乗用片のステータス表示が有効である場合、吉祥航空は運送サービスを提供しますが、電子航空券が紙状航空券に変更されている場合には、旅客が有効かつ完全な紙状航空券を提示した場合に限り、旅客に運送サービスを提供します。 3.1.8. 電子航空券の旅客に対しては、旅客搭乗する便の電子搭乗用片のステータス表示が有効でなければ、吉祥航空が運送を拒否する権利があります。 3.1.9. 吉祥航空は、搭乗用片または電子搭乗用片に記載された出発地からの旅程の順序に従ってのみ、搭乗用片の使用を認めます。搭乗用片に記載する順番で使用されていない場合、吉祥航空は運送サービスを提供しません。 3.1.10.搭乗区間および搭乗クラスは各搭乗用片に記載されており、吉祥航空は、座席および航空便の開始日を確定後に運送を引き受けるものとします。搭乗用片の座席が未確定の場合、吉祥航空は、旅客からの申し出に応じて、旅客が所持している航空券に適用される運賃および条件で該当便における空席状況に基づき、旅客のために予約を実施します。 3.1.11.紙状航空券は訂正できません、訂正した航空券は無効であり、運賃の払戻しできません。 3.1.12.旅客は航空券の有効期間内に、航空券に明記されている旅程を完了する必要があります。 3.1.13.「フィックス航空券」とは、搭乗便と搭乗日が固定され、座席が確定している航空券をいいます。 3.1.14.「オープン航空券、またはオープン区間」とは、旅客自分自身の状況と区間運賃規則に応じて、全区間または一部区間”OPEN”航空券の予約ができます。区間運賃の規則に準じて当該運送人、便コード、日付、予約状況の中で一つまたはいくつ区間を“OPEN”の状態でご購入できます。ただし、運送サービス始まる前に確認しなければなりません。 3.2 航空券の有効期間 3.2.1. 航空券、本約款または特別運賃(航空券の有効期間は運賃で決めることがあります)例外規定を除く、航空券の有効期間は、最初の運送開始日から1年間、未使用航空券については航空券を開示してから1年間となります。第一区間未使用またはオープン航空券、最初の運送開始日から一年有効です。なお、1枚の航空券に特別運賃区間と普通運賃区間両方ある場合特別料金の規則は全区間で明示していなければ、有効期間は特別料金区間のみに適用されます。例え、特別料金の区間すでに使用したとしたら、この航空券の有効期間は開示してから1年となります。原則としては区間の変更と航空券を開示しても変更する前の有効期間に準じます。例え、全空間未使用の航空券、開示してから有効期間は最初の運送開始日から1年間有効期または開示してから第一区間未使用またはオープン航空券開示してから1年間有効です。 3.2.2.特別運賃の航空券有効期間は、吉祥航空が定めている特別運賃に適用される条件に従って計算されます。 3.2.3. 航空券の有効期間は、旅行開始日または航空券発券日の翌0時から、期間満了日の翌0時までとします。 3.2.4. 旅程の有効期間:ある特別料金の航空券は旅客が寄航地に滞在時間または最大滞在時間の制限があり、旅客は制限時間内に旅程を完了しなければなりません。 3.2.5. 多区間航空券は第一区間旅行開始日から計算します。 3.2.6. 運賃の組合せとき,航空券の有効期間は組合せクラスの最も厳しい規則で実行されます。 3.3 有効期間の延長 3.3.1.以下のいずれかの理由により旅客が航空券の有効期間内に旅行できなかった場合、旅客が購入したものと同クラスの座席を吉祥航空の航空便で確保できる最短の期日まで、航空券の有効期限を延長するものとします。 3.3.1.1. 旅客が確定座席を有する該当便の運航を吉祥航空が取消しした場合。 3.3.1.2. 吉祥航空が予定寄航地への運航を取消ししましたが、当該寄航地は旅客の出発地、目的地または途中降機地の場合。 3.3.1.3. 吉祥航空がスケジュール通りに該当便を運航できなかった場合。 3.3.1.4.吉祥航空に帰責する事由により旅客が乗継便に搭乗できなかった場合。 3.3.1.5. 吉祥航空が旅客のクラスグレードを変更したこと 3.3.1.6.吉祥航空が確定座席を旅客に提供できなかった場合。 3.3.2. 旅客が、旅行開始後、発病により、航空券の有効期間中に旅行を継続できなくなった場合は、吉祥航空は当該旅客の航空券有効期間は医師発行した診断書記載した旅行できる期日までまたは当該日以降の、旅客が購入したものと同クラスの座席を吉祥航空の航空便で確保できる最短の日まで延長します。なお、当該旅客は二級甲等以上の病院(中国国内の場合)または現地の病院、診療所もしくは医療機関(中国国外の場合)が発行する診断書を提出しなければなりません。それに患者旅客同行旅客二人(本人含む)までの航空券も同じ扱いとなります。 3.3.3. 旅行中に旅客、旅客の直系親族が死亡した場合、死亡証明書が提出後、当該旅客及び同行者の直系親族の航空券有効期間を延長できます。当該旅客の死亡日から45日を超えない範囲で延長できます。 3.4. 紙状航空券の紛失および破損 3.4.1. 紛失届 3.4.1.1. 旅客は、航空券の一部分または全部を紛失や破損、または旅客提示した航空券に未使用の搭乗用片や旅客用片が含まれていない場合、旅客が、吉祥航空へ書面で航空券紛失届を提出しなければなりません。 3.4.1.2. 旅客は、航空券紛失届を提出する際に、有効な身分証明書提示しなければなりません、なお、本人ではない場合は旅客本人身分証明書と紛失した旅客身分証明書、航空券購入日付、場所及び紛失証明できる書類などの証拠を提示しなければなりません。 3.4.1.3.吉祥航空は、航空券紛失届の提出前に第三者が航空券を不正に使用するか払い戻したことに起因する損失について、いかなる法的責任も負いません。 3.4.2. 紛失航空券の再発行 3.4.2.1. 航空券紛失後、遅くても当航空便離陸時間の1時間前吉祥航空まで本約款の3.4.1.2に記載した証明と書類を提示し、吉祥航空審査した上、下記の条件満たす場合再発行できます。 a) 旅客が吉祥航空旅客の《紛失航空券再発行申請表》紛失航空券廃除します。 b) 航空券の再発券により吉祥航空が被るあらゆる損失を補償することに旅客が明示的に同意すること。この損失には、第三者が許諾なく航空券を不正に使用したり、不正な返金を受けたりしたことに伴うあらゆる損失や、必要となるあらゆる訴訟の費用が含まれます。 3.4.2.2. 航空券(フィックス航空券、オープン航空券)の紛失,旅客即時3.4.1規定の手続きにより吉祥航空のホットライン021-95520まで紛失届を申し出ます。不正の審査した上、航空券の有効期間満了後30日以内に手続きをしてください。 3.4.2.3. 航空券の紛失が確認できないため再発券に同意できない場合、吉祥航空は、航空券の再発券を拒否する権利を有します。この場合、旅客が紛失した航空券に記載されていた便に搭乗するには、航空券を再購入する必要があります。 3.4.2.4.再発券された航空券は、変更および返金できないものとなります。 3.4.2.5.吉祥航空開示したその他の航空会社便の航空券を紛失した場合、航空券元運送人の同意した上、再発行ができます。 3.4.3. 紛失航空券の払戻し 3.4.3.1. オープン航空券紛失した場合、旅客は即時本約款の3.4.1規定の手続きにより書面で紛失届を申し出なければなりません。不正の審査を受けた上、航空券の有効期間満了後30日以内に払戻しの手続きをされてください。 3.4.3.2. フィックス航空券を紛失した場合紛失した航空券有効期間満了した30日以内、吉祥航空の審査を受けた上本約款の3.4.1規定に記載している書類と証拠及び新規購入した旅客搭乗片を提示し、紛失航空券の払戻し手続きをされてください。 3.5.電子航空券旅程の紛失 旅客の原因で電子航空券旅程を紛失した場合《航空運送電子航空券旅程管理方法》の規定により、再発行不可。 3.6. 搭乗E用片の使用順 3.6.1.旅客ご購入した航空券は航空券に記載された出発地、寄航地、目的地に至るまでの運送のみに適用です。納付した運賃は吉祥航空の運賃規則と航空券に記載されている運送を基づいて、運賃は吉祥航空と旅客の間運送契約の基本です。 3.6.2. 航空券の搭乗用片は必ず航空券に明示した旅程、順番通りにご使用し、順番の変更はできません。第一搭乗用片未使用の場合、旅客が途中降機または寄航地から開始のご要望があっても吉祥航空は当該航空券の受け取りを挙品する権利を保有します。当該航空券は本約款の12.7により“旅客の都合による払戻”手続きします。 3.6.3. 旅客が運送の内容を変更のご要望があれば、あらかじめ、吉祥航空販売ホットライン021-95520までご連絡し、航空券使用条件制限に準じます。運送が変更しましたら、運賃も改めて計算されまして、旅客が運送の変更かとうかの判断ができます。不可抗力の理由であれば,最も早く吉祥航空ホットライン021-95520までご連絡ください。吉祥航空は合理的と認められる範囲において最善を尽くして元運賃で旅客を寄航地または最終目的地まで運送するように努めます。 3.6.4. 旅客は吉祥航空の同意がなく、運送内容を変更した場合、吉祥航空は旅客実際旅行で運賃を計算します。旅客が元運賃と運送変更後運賃の差額を負担し、旅客未使用の搭乗用片も廃除しなければなりません。 3.6.5. フィックス航空券は航空券に明示した搭乗日付とフライトのみに適用します。 3.6.6.オープン航空券またはオープン区間の航空券とは旅客航空券を購入際、自分自身の状況と運賃規則に応じて、全区間または一部区間”OPEN”航空券の予約が許されます。区間運賃の規則に準じて当該運送人、便コード、日付、予約状況の中で一つまたはいくつを“OPEN”の状態でご購入できます。ただし、運送サービス始まる前に確認しなければなりません。 3.6.7. 旅客航空券の各搭乗用片にクラスグレード、搭乗日付、便名など、明示しなければなりません。なお、座席を確定してから運送できます。 3.6.8. 旅客がオープン航空券を持つ場合、運送する前、旅客が、座席クラスの利用状況と運員規則により座席の予約ができます。当該航空券は航空券の使用条件と運送契約の認める範囲内です。初回、予約内容の確認は無料となります、確認後、再びの確認、予約内容の変更など、運賃使用条件により改めて全区間運賃の計算し、差額及び変更料金を求められます。 3.6.9.旅客はあらかじめ吉祥航空まで連絡がなく、確定した座席の航空便をご搭乗しなかった場合、吉祥航空は旅客の航空券に明示した乗継ぎ便または帰り便の取り消し権利が保有します。

4.運賃、税金および料金

4.1. 適用運賃 4.1.1. 運賃とは、出発地空港から目的地空港までの航空運賃をいい、空港内、ターミナル間、空港間または空港-市街地間の地上輸送に係る運賃や、空港建設税、燃油サーチャージ、旅客の目的地である国で課される他の税金および料金は含まれません。 4.1.2. 運賃とは、旅客が航空券を購入した時点で適用される、指定便の運賃をいいます。吉祥航空が航空券販売した後、運賃を調整しても旅客が購入した航空券運賃の変更がありません。 4.1.3. 特別運賃の航空券ご購入した旅客が特別運賃適用条件を準じなければなりません。 4.2. 運賃の支払い 4.2.1. 旅客は、旅客が居住する国の通貨により、吉祥航空が指定する支払方法で運賃を支払うものとします。吉祥航空と旅客が別途合意していない限り、運賃は現金で支払う必要があります。 4.2.2.吉祥航空が払い受けた運賃が適用運賃と一致しないまたは運賃計算に誤差があった場合、不足分の運賃は追加のお支払いを求め、超過分の運賃を返金することにします。 4.3. 特別運賃 4.3.1. 吉祥航空例外規定を児童旅客については大人賃の75%、徴収し座席を提供します。 4.3.2.幼児については、大人の普通運賃の10%吉祥航空例外規定を除く、幼児に対しては座席を提供しません。専用の座席が必要な幼児については、児童運賃と同額の運賃で航空券を購入するものとします。1名大人旅客につき2名以上の幼児をお連れの場合は3人目については運賃と児童と同額の運賃で航空券を購入する必要があり、吉祥航空は、児童用航空券を保有する幼児に対して座席を提供します。 4.4.政府機関、関係当局または空港職員が課す税金または料金は旅客が支払うこととなり、普通運賃に含まれていません、当該税金または料金は、各航空会社が代わりに徴収する。 4.5. 燃料費は運送人が国の規定により発表及び徴収。特別規定がなければ、幼児運賃は座席がないため燃料費は無料となります。児童旅客の燃料費は大人と同じ扱いとなります。 4.6.お支払い方法は吉祥航空が受けられる貨幣で運賃と費用を交付しなければなりません。吉祥航空と旅客の例外契約を除く、運賃は現金払いとなります。

5.座席の予約

5.1.座席予約の基本基準 5.1.1.旅客は吉祥航空が決めた手続きやお支払い期限まで運賃を納付した場合のみ座席の確保できます、吉祥航空販売代理人が開示し、座席の確認を搭乗用片に記載して旅客に渡す、または運賃の納付が完了後、予約した座席の確保ができます。吉祥航空販売代理人の確認できない場合、座席の確保はできません。 5.1.2.吉祥航空の規定により、特別運賃が旅客の経路変更、予約変更、払戻し、予約済座席のキャンセルを制限または排除する権利が保有します。 5.1.3. 吉祥航空は、必要に応じて、特定便の予約を保留できます。 5.1.4. 児童、幼児のクラスは必ず同伴大人旅客と一致でなければなりません。 5.2. 契約会社の座席予約 契約会社は契約内容により座席の予約ができます。 5.3. 航空券の発券期限 座席の予約後、吉祥航空が定める発券期限までに運賃を支払わなかった場合、原則としては、当該座席はキャンセルとなります。 5.4. 個人情報 旅客が認め、吉祥航空へ提供した個人情報は座席の予約及び運送サービスに関わる手配などに使用した上、吉祥航空が個人情報を保有し、吉祥航空に関わる機関、またはそのたの運送人や運送サービスを提供する会社に提供する権利を与えられているものとします。 5.5. 予約の優先順位 5.5.1.吉祥航空は、重要な旅客、至急救援すべき旅客、救助すべき旅客または優先的に取り扱うべきであり、吉祥航空が認めた他の旅客に関する予約を優先的手配権利が保有します。 5.5.2.吉祥航空の都合により旅程の変更は当該便のご利用可能な座席があれば、優先的手配します。 5.6. 予約のキャンセル 5.6.1.旅客が、吉祥航空が定めた期限までに運賃を納付しなかった場合、予約した座席の確保はできません。 5.6.2. 旅客は、予約座席の取消しや変更など、吉祥航空が定めた期限まで申し出なければなりません。制限がある航空券の予約座席の取消しや変更など、当該制限が適用されます。

6.航空券の購入

6.1. 一般規定 6.1.1. 旅客は、吉祥航空または吉祥航空販売代理店、吉祥航空の公式サイド(www.juneyaoair.com)にアクセス、または吉祥航空販売ホットライン021-95520までお問い合わせとご購入することができます。吉祥航空会員ホットラインは4007006000。 6.1.2. 旅客は航空券のご購入際、必ず本人の身分証明書または警察署により有効な身分証明書を提示しなければなりません。 6.1.3. 児童および幼児用の航空券を購入するには、児童および幼児の誕生日を証する有効な書類を提示する必要があります。 6.1.4. 一名大人につき1枚幼児の航空券を購入と、連れ幼児が2名までの制限があり、3人目は児童の運賃を徴収し、座席を提供します。旅客は航空券ご購入際、吉祥航空に2名幼児を連れの申請をすれば、機内のサービスが保障できます。 6.1.5.患者旅客、妊婦さん(妊娠32週以上)ご購入際、二級甲等以上の病院または、同レベルの医療機関が発行した診断書を提示しなければなりません。吉祥航空が了承した上、ご購入できます。 6.1.6.航空券は旅客ごとに必要です。 6.2.コードシェア便をご購入した場合、座席の予約、ご購入際、吉祥航空及び販売代理人が当該便の性質、販売運送人、実際運送人などについてお知らせなければなりません。 6.3.乗継ぎ便をご購入した場合、座席の予約、ご購入際、吉祥航空または販売代理人が乗継ぎの時間規定をお知らせなければなりません。 6.3.1. 国際空港同士乗継ぎの時間は原則として3時間以上です。 6.3.2. 国際空港と国内空港同士乗継ぎの時間は原則として3時間以上です。 6.4.吉祥航空または吉祥航空販売代理人が旅客のご要望に応じて、片道、乗継ぎ便、往復便の販売をしなければなりません。 6.5.電子航空券の旅程を印刷するのは遅くても航空便を離陸後の28日以内吉祥航空販売ホットライン021-95520までご連絡しなければなりません。

7.オーバーブッキング

7.1. 航空便の運送慣例を基づいて、吉祥航空状況により、座席あまりが多い航空便に適切なオーバーブッキングを実施することがあります。なお、オーバーブッキングを実施した場合、吉祥航空が、旅客がチェックインの手続きをする前、オーバーブッキングの状況や補償サービス及び旅客に与えられた権利を通知しなければなりません。 7.2. オーバーブッキングが発生した場合、搭乗しない旅客に吉祥航空が合理的な補償さらに旅客のご要望により適切な航空便の案内または払戻しの手続きをします。

8.搭乗

8.1. 一般規定 8.1.1. チェックインの締め切り時刻は空港ごとに異なります。旅客は、吉祥航空が定めた時間内空港に到着し、本人の身分証明書及び航空券時間通りにチェックインをし、荷物の託送、搭乗券の取得などの手続きをしなければなりません。 8.1.2.航空便の延着を回避するため、吉祥航空が定めた時間にチェックインカウンター、搭乗口まで未着、または有効な身分証明書及び運送証明書類を提示できなかった場合。吉祥航空が当該旅客の座席を取消しする権利が保有します。 8.1.3. 吉祥航空が別途に公表規定を除く、航空券に記載された便の予定出発時刻の150分以上前にチェックインを開始し、当該時刻の50分前に締め切りとなります。(具体的規定については吉祥航空販売サービスホットライン021-95520によりお問い合わせください。) 8.1.4.吉祥航空及び地上サービス代理人が定めた時間にチェックインカウンターをオープンし、規定に基づき、旅客提示した航空券、迅速、正確に搭乗手続きをしなければなりません。 8.2. 完全検査 搭乗する前、旅客及び持ち込み手荷物の安全検査をしなければなりません。 8.3. 旅客のノーショー ノーショーの発生後、乗継ぎ便の変更については、空席ある場合、吉祥航空極力座席の確保し、規定に基づいて手数料を請求する。旅客は払戻しのご要望があれば、吉祥航空は当該航空券に適用条件に従って返金手数料を求めることができます。 8.4. 旅客の乗り遅れ 8.4.1. 旅客の都合により該当便に乗り遅れた場合、本約款の12.7“旅客の都合による払戻し”に従って処理します。 8.4.2.吉祥航空の都合により乗り遅れが生じた場合、吉祥航空は、それ以降の便のうち最も早い時刻の航空便に案内します。なお、旅客が払戻しのご要望があれば、本約款12.6項“会社の都合により払戻し”に従ってたいおうします。 8.5. 旅客間誤搭乗 8.5.1.旅客の都合で間違えた便にご搭乗した場合、間違えたターミナルで航空券の払戻しのご要望があっても、運賃の返金はできません 8.5.2.吉祥航空の都合により、旅客が間違えて搭乗した場合、吉祥航空がそれ以降の便のうち最も早い時刻の航空便で目的地まで運送の手配し、航空券は払戻しと差額が生じません。旅客が払戻しのご要望がありましたら、本約款12.6“会社の都合による払戻し”に従って処理します。 8.6.機内座席の手配 8.6.1.吉祥航空は、確定済みの航空便及びクラスグレードの旅客に座席の提供することと別に、旅客がご要望に応じて同じクラスグレードの中で調整ができます。なお、ご指定した座席の手配は保障できません。 8.6.2. 安全運航のため、航空機の非常口付近の座席については、吉祥航空が指定します。 8.6.3.運航上、安全上のまたは保安上の理由により、吉祥航空は、航空機の座席の割当てまたは再割当てを旅客が航空機に搭乗した後または着席した後であっても実施できる権利を留保しています。 8.7. 搭乗 8.7.1. 旅客は搭乗券に記載された重要事項内容に従い、吉祥航空の定める時間まで に 搭乗口に到着する必要があります。 8.7.2. 本約款の第8.7.1号に従わず、航空機のドアが閉まる前の所定の時間までに航 空機に搭乗しなかった旅客に対して、吉祥航空は、座席の取消しし、旅客がそれにより発生した損害、損失などに責任一切負いません。

9.手荷物

9.1. 一般条項 9.1.1. 手荷物として認められない物品 旅客は、以下の物品を手荷物の中に入れたり、客室に持ち込んだ りすることはできません。その場合、吉祥航空が運送サービスの提供を拒否する権利が保有します。 9.1.1.1. 本約款の第1.44項に定められている手荷物に該当しない物品。 9.1.1.2. (下記を含むもののこれらに限定されない)危険物 (1)爆発物。 (2)可燃性の、引火性の、毒性のないガス、有毒なガスを含む各 種ガス (3)可燃性の液体 (4)引火性の固体、自然発火物質、水と接触すると可燃性ガスを放出する物質。 (5)酸化剤および有機過酸化物。 (6)有毒物質および感染物質。 (7)放射性物質。 (8)腐食性物質。 (9)磁石物質。 (10)人を麻痺させたり不快にさせたりする物質、またはその他同様の性質を有する物質。 (11)飛行機を汚しやすい品物 (12)リチウム量>2gまたは>160Whのエネルギーがあるリチウム電池 (13)吉祥航空規定したその運送が禁止されている危険性物品。 9.1.1.3.銃器、様々類似な模倣銃器、銃器形のライター、及び様々な攻撃的武器、ただし、体育運動機械を除く。 9.1.1.4.軍用品または警察用品 9.1.1.5. 規制対象刃物 。 9.1.1.6.生きる動物,ただし、本約款9.1.3.3規定した“サービス犬”除く。 9.1.1.7. 国の法規制に基づき運送に禁止物品。 9.1.2. 託送手荷物 下記の荷物は託送荷物対象外となります。託送対象外の荷物の運送中の紛失と損害に対して、吉祥航空は一般託送荷物の扱いとして責任を負います。 9.1.2.1. 重要なファイルと資料; 9.1.2.2. 貨幣、送金領収書、有価証券などを含む、限りません。 9.1.2.3. 宝飾品、貴金属 (金、银など)及びその製品; 9.1.2.4. 骨董、および金銭的価値がある絵 9.1.2.5. 脆く壊れやすいと腐敗しやすい物品 9.1.2.6. 個人用リチウム金属を含むまたはリチウム電池の電子機器(リチウム電池に関しては吉祥航空公式サイドwww.juneyaoair.com)ご参照ください。 9.1.2.7. サンプル 9.1.2.8. デジタル電子機械(デジタルカメラ、ノードパソコンなど含めて、限ら ない。) 9.1.2.9.渡航書類 9.1.2.10.人に保管しなければならない物品は託送荷物の対象外です。吉祥航空の手荷物重量、大きさ制限内であれば、持ち込み手荷物として旅客にご自身保管することとなります。 9.1.3. 運送制限品 吉祥航空は下記の物品に対して単位、数量制限及び包装の定めがあり、吉祥航空運送条件に応じて、了承を得た上、運送可能とします。 9.1.3.1. 精密機械、電子機器など物品、貨物として託送します。手荷物として託送であれば、必ず適切な包装があるものとします。さらに重量の計算は無料手荷物許容量外となります、超過手荷物の費用として請求せれます。 9.1.3.2. 体育運動機械、運動用拳銃と弾、必ず拳銃運送許可証または国家体育行政部署の許可など提示し、託送荷物として運送可能とします。ただし、拳銃の弾を出し、安全ロックしてから適切な包装しなければなりません。 9.1.3.3.サービス犬は障害者の生活や仕事など補助する特殊犬です。補助犬、盲導犬、補聴犬含めます。 9.1.3.4. 外交封筒、機密資料。 9.1.3.5. 旅客旅行中使用するたたみ車椅子、または電動車椅子。 9.1.3.6. 規制対象刃物以外の鋭利である刃物、例えば、包丁、フルーツナイフ、ナイフ、クラフトナイフ、手術ナイフ、はさみ、演出用刃物、ソード、古董、刃物形の飾り、ハンマー、ヌンチャク、アックスまたは類似品など持ち込み手荷物じゃなくて託送手荷物として扱わなければなりません。 9.1.3.7.ドライアイス、液体物品(酒類、及びアルコール成分を含む飲み物)旅客旅行中に必要なたばこ用具、薬品、化粧品など、液体物品の大きさ、容量は政府機関、吉祥航空及び運送人、空港の制限に従わなければなりません。酒類、物品及びアルコール成分含飲み物などは持ち込み手荷物ではなくて、託送手荷物として扱わなければなりません。 9.1.3.8.リチウムは160Wh、エネルギーは100Wh超えたリチウムは持ち込み禁止となります。 9.1.3.9.医療用酸素または小型エアシリンダ、身に機械操ボディー用小型二酸化炭素ボンベ、炭水化物を含むカーラーを旅客一人につき1個制限となります。 9.1.3.10.かさばる楽器は、貨物としての運送に適していませんので、重量およびサイズが機内持込手荷物の許容量を超えるかさばる楽器については、別料金を払って客室内の座席収納手荷物として持ちこみ、旅客が管理するものとします。 9.1.3.11.持ち込み手荷物に液体、ゲル、及びスプレー類物品、容量は100mlを総容量は1リットルを超えないものとします。 9.1.3.12.生きる器官と血液製品、旅客は物品を適切な安置し座席の下にご自身保管すること、重さ、大きさは持ち込み手荷物限度額を超えた場合別料金をお支払いであれば、機内に持ち込みでき、ただし、ご自分自身責任を持って保管してください。 9.2. 託送手荷物 9.2.1. 手荷物の受託を受けた場合、吉祥航空は、受託手荷物1個ごとに手荷物ID/バゲージクレーム票を発行します。(託送荷物規定,吉祥航空の公式サイドwww.juneyaoair.comご参照してくだい。) 9.2.2. 旅客は、受託手荷物を預ける前に、手荷物に名前またはその他独自のマークを付けるものとします。 9.2.3. 託送手荷物は基本的旅客と同機運送しますが、安全面、保安面などの運行に関する原因でその他の航空便にて運送する場合もあります。その場合は運送人から旅客に交付すべきです。法律上の規定を除く、必ずご旅客本人税関まで手続きを行う。 9.2.4. 受託手荷物は、施錠および固定済みのスーツケースまたは他の適切な容器で適切に梱包されている状態であって、一定の圧力に耐えられ、通常の取扱い状況下で安全に積み降ろしたり運んだりできる状態でなければなりません。吉祥航空は、梱包が要件を満たしていない手荷物を受託手荷物として運ぶことを拒否する権利を有し、当該手荷物の損害や損失については法的責任を負いません。 9.2.5. 託送手荷物許容量は32kg、三辺の和が158センチメートルを超えないものとします。上記超えた物品は吉祥航空の同意を得てから託送できます。 9.3. 機内持込手荷物 9.3.1. 持ち込み手荷物は1個につき重量は5kg、三辺の和が115センチメートルを超えないものとします。(持ち込み手荷物規定について、吉祥航空公式サイトwww.juneyaoair.comまでご参照してください。) 9.3.2.機内持込手荷物は、旅客の前の座席の下、または客室内の収納棚に収納する必要があります。本約款の第9.3.1号に定める許容重量またはサイズを超えるものを機内まで持ち込みことはできません 9.3.3. ビジネスクラスの旅客は、一人につき持ち込み手荷物は2個まで限度し、エコノミークラスの旅客は一人につき持ち込み手荷物は1個まで限度します。 9.3.4. 上記許容重量、量またはサイズを超える手荷物は、受託手荷物として預ける必要があります。 9.3.5.リチウムが100Wh超え160Whまでのリチウム電池または電池塊、持ち込み手荷物として一人につき2個まで限度します。ただし、民間航空局及び吉祥航空の安全運送によりの安全措置を講じなければなりません。 9.4. 無料手荷物許容量 9.4.1. 国際及び地区ルート普通無料手荷物許容量:(無料手荷物許容量規定に関して、吉祥航空の公式サイドwww.juneyaoair.comご参照してください。) 9.4.1.1. ビジネスクラスの大人または児童旅客は無料手荷物許容量1個につき32kgまで2個です。 9.4.1.2. アメリカ大陸、ヨーロッパ、アフリカ、中東、オーストラリア、ニュージーランド、アジア(日本と韓国を除く)及び香港、マガオ、台湾地区ルートのエコノミークラス無料手荷物許容量は23kgまで1個です。 9.4.1.3. 日本と韓国のエコノミークラス旅客は、無料手荷物許容量は1個につき23kg2個までです。 9.4.1.4. 幼児航空券(クラスに関係なく)無料手荷物許容量は1個につき23kg1個までです、さらに無料でベビーカーまたはベビーカゴを託送できます。 9.4.2. グラス混合の航空券をご購入した旅客は、無料手荷物許容量は区間ごとクラスグレードにより別に計算する。 9.4.3. 同じ航空便をご利用し、同じ目的地までまたは途中で分かれる(二人を含む)二人以上同伴者、同じ時間に同じチェックインカウンターで手続きをする際、無料手荷物許容量は各クラスグレード規定に従って合算することができます。 9.4.4. 共同運送における無料手荷物許容量は吉祥航空の適用規則および国際航空運送協会(IATA)の関連規則に従って計算されるものとします。 9.4.5. 旅客のご都合によりクラスグレードの変更した場合、無料手荷物許容量は変更後のクラスグレードにより計算され、会社のご都合によりクラスグレードを変更した場合、無料手荷物許容量は変更前のクラスグレードにより計算されます。 9.4.6. 身体障害のある旅客のための補助装置(車椅子を含みますが、これに限定さ れません)は、無料手荷物許容量の計算に含まれず、無料で持ちこむことができるものとします。 9.5.超過手荷物料金 9.5.1.超過手荷物とは、受託手荷物および機内持込手荷物の合計量のうち、無料手荷物許容量を超えている部分をいいます。旅客は、超過手荷物について所定の料金を支払う必要があります。 9.5.2. 超過手荷物伝票は、旅客に超過手荷物料金が請求されると発行されます。 9.5.3. 超過手荷物料率 9.5.3.1. 個数基準:超過手荷物料率は、国際航空運送協会(IATA)の旅客航空料金表(PAT)に掲載されている適用固定料率で計算されます。 9.5.3.2. 料金は、小数点の前の数字を残し、仮数は切り上げて、地域国または地域の通貨で支払うものとします。 9.5.3.3. 超過手荷物料金の計算方法は、吉祥航空の規定により手続きをします。詳しい情報については、吉祥航空公式サイドwww.juneyaoair.com。をご参照ください。 9.6.手荷物評価額の申告 9.6.1. 旅客は、1kgあたり20米ドルを超える受託手荷物についてその価額を申告できます。 9.6.2. 受託手荷物の申告額は、その手荷物の実際の価額を超えてはなりません。各旅客が申告できる手荷物の価額は2,000米ドルまでとなります(旅客は、この額を超える手荷物について民間の保険に加入できます)。中国東方航空は、吉祥航空が申告額に同意できないか、旅客が荷物確認への同意を拒否した場合、手荷物の受付および運送を拒否できます。 9.6.3. 吉祥航空は旅客申告した価値を参照し本約款の9.6.1規定限度額を超えた分個数ごとに付加費用を請求する。具体的徴収標準は吉祥航空公式サイドwww.juneyaoair.comご参照してください。 9.6.4. 手荷物申告額は、無料手荷物許容量の計算に含まれていません。 9.6.5. 旅程託送荷物の価値申告は1個荷物につきの申告となります。個別の物に対しては申告できません。 9.6.6. 旅客は持ち込み手荷物と座席を占める手荷物の運送に関する価値申告がありません。 9.7. 手荷物の受付け 9.7.1. 運送の拒否 9.7.1.1. 託送手荷物、持ち込み手荷物に吉祥航空が定めた運送制限物品が含まれているであれば、吉祥航空は当該手荷物の運送を拒否する権利が保有します。 9.7.1.2. 託送荷物に吉祥航空が定めた運送制限物品が含まれているであれば、吉祥航空は当該手荷物の託送を拒否する権利が保有します。 9.7.1.3. 旅客が運送制限の物品を携帯した場合、吉祥航空の運送制限条件の従うことが拒否するであれば、吉祥航空が当該手荷物の運送を拒否する権利が保有します。 9.7.1.4. 旅客の託送手荷物、持ち込み手荷物、形態、包装、大きさ、重量、または特性などの原因で吉祥航空の運送制限に適用でない場合、吉祥航空が旅客に改善の要望をし、旅客は改善の要望を拒否する場合、吉祥航空は手荷物の運送を拒否する権利を保有します。 9.7.2. 検査権利 吉祥航空は安全運送ができるため、旅客の荷物を検査します。必要な時、関わる機関と一緒に検査を行い、旅客は検査を拒否するであれば、吉祥航空は当該手荷物の運送を拒否する権利が保有します。 9.7.3. 託送手荷物の条件 9.7.3.1. 旅客は航空券を提示した上、手荷物の託送手続きをします。吉祥航空が航空券及び荷物預り証または手荷物タグに託送手荷物の数と重量を記載する。 9.7.3.2. 吉祥航空が託送手荷物は航空便離陸当日チェックイン手続きする時のみ受付しません。 9.7.3.3. 吉祥航空は、旅客の各受託手荷物に手荷物タグを付け、その手荷物ID/バゲージクレーム票を旅客に提供するものとします 9.7.3.4. 運送責任に関する紛争を引き起した場合、吉祥航空は、旅客の書面同意書を得てらから当該受託手荷物に責任免除の手荷物タグを付けることにより法的責任を免れることができます。 9.7.4. 手荷物の運送 9.7.4.1.基本的、旅客の託送荷物は旅客と同機運送する、特別状況により同機運送できない場合、吉祥航空は旅客に説明し、最も最優先次の便にて運送すること。 9.7.4.2. 旅客の超過手荷物は飛行機の許容量範囲内に旅客と同機運送するが飛行機の許容量外、それに旅客に次の便のご利用を拒否する場合、吉祥航空は当該超過手荷物の受付を拒否する権利が保有します。 9.7.5.小動物(吉祥航空は小動物の運送ができません),ただし、本約款の9.1.3.3規定の“サービス犬”を除くサービス犬(補助犬、盲導犬、補聴犬)吉祥航空運送条件を満たした場合(補助犬、盲導犬、補聴犬)の身分証明書と検疫証明書を提示し、容器や餌も合わせ、障害のある旅客と一緒に客室内に持ち込むことができます。ただし、無料手荷物許容量の計算にも含まれません。 9.7.6.外交用封筒 9.7.6.1.外交用郵袋は、外交用郵袋使者とともに運送するものとしますが、外交用郵袋使者の求めに応じて外交用郵袋を受託手荷物として預かることができます。ただし、吉祥航空は運送中における損害や紛失については、普通受託手荷物としての責任のみ負うものとします。 9.7.6.2. 外交用郵袋使者外交用郵袋や手荷物は、まとめて計算しますが、無料手荷物許容量を超える手荷物は本約款に基づき第8.5項に定められている超過手荷物料の対象となります。 9.7.6.3. 外交用郵袋が座席を占める時に旅客が座席を予約する際申告して、吉祥航空が同意した上、運送できます 9.7.6.4. 各座席に置く外交用郵袋は、総重量が75キログラム未満で、総サイズが40×60×100cm未満のものとします。座席を占める外交封筒は無料手荷物許容量額が付いておりません。運賃の計算方法は下記の通りです。なお、高い方を基準にします: a) 客室座席に置く外交用郵袋の実際の重量は、超過手荷物の重量に換算され、超過手荷物に関する定めに従って料金が計算されます。 b)外交用郵袋が占有する座席の料金は、その座席が設けられている搭乗クラスを利用する場合の運賃に換算され、運送区間の出発地から目的地までの運賃に応じて計算されるものとします。 9.7.6.5. 本条項は、秘密情報の使者が携行する秘密文書に適用されるものとします。 9.7.7.受託不可の手荷物 託送手荷物、持ち込み手荷物に国が定めた運送禁止品、危険物、運送制限の物品など、含まれている場合、その手荷物全部が受託不可の手荷物と見なされ、吉祥航空が下記の通りに処理します。 9.7.7.1. 出発地から発見した場合、吉祥航空は当該手荷物の運送を拒否します。受付を完了しても取消しの権利が保有します。または受託不可の手荷物を取り除いて、運送する。ただし、超過手荷物の運賃を払戻しできません。 9.7.7.2. 乗継ぎ地に発見された場合、当該手荷物の運送を停止し、超過手荷物の運賃を払戻しできません。 9.7.7.3. 関連国が定めている禁止品、規制品または危険物は、受託不能手荷物が発見された時点で、管轄の政府当局に提供されます。 9.7.8.託送手荷物の返却 9.7.8.1. 旅客は、出発地で手荷物の返却を求めたい場合、手荷物が機内に入れられる前に申告し、払戻しをした旅客に対して受託した手荷物も同時に返却されなければなりません。以上の払戻しについては超過手荷物費用も払戻しします。 9.7.8.2. 旅客が寄航地で手荷物の返却求めについては、時間がある限り返却しなければなりません。ただし、未搭乗区間の超過手荷物料金は払い戻されません。 9.7.8.3.価値申告を受けた手荷物を返却する場合、出発地での返却は価値申告の追加料金も払戻しされますが、寄航地での返却は価値申告の追加料金を払戻しされません。 9.7.8.4.吉祥航空の都合で他社便に乗り換える場合、託送手荷物も旅客の運送により変更しなければなりません。超過手荷物追加料金は多い分は払戻ししますが、少ない分は請求しません。価値申告の追加料金は払戻ししません。なお、その他の運送人変更の手配した場合、託送手荷物も返却しますし、超過手荷物追加料金と価値申告の追加料金も払戻ししなければなりません。 9.8. 手荷物の引き渡す 9.8.1. 手荷物の引き渡す 9.8.1.1. 旅客は、空港到着後速やかに、手荷物預り証を提示し、手荷物と引き換えます。なお、必要に応じて、航空券を確認する時もあります。 9.8.1.2. 旅客が即時に手荷物を受け取らなかったら、吉祥航空が手荷物を到着した日から計算し、旅客に保管手数料を請求します。旅客の腐食しやすい物品に対して吉祥航空が手荷物到着してから24時間後処分する権利が保有します。 9.8.1.3. 吉祥航空は手荷物預り証を提示した上、手荷物を引き渡します。手荷物の受取人は本人かとうか、及び生じた損失については吉祥航空が責任を一切負いません。 9.8.1.4. 旅客の手荷物延着した場合、吉祥航空が即時に旅客に連絡し、受け取りに来てもらいます。または直接旅客まで届きます。延着した荷物に対して保管費用は発生しません。 9.8.1.5. 旅客は荷物の受け取り際、書面異議を提示しなければ、手荷物の契約を順調に履行しましたと見なされます。 9.8.1.6.旅客は手荷物預り証を紛失した場合、即時に吉祥航空まで紛失届を出します。手荷物を受け取り際吉祥航空へ十分な証明を提示し、領収書を出した上、お受け取りできます。紛失申告前すでに手荷物がある他人に引き渡した場合、吉祥航空が責任一切負いません。 9.8.2.引き渡せない手荷物 受託手荷物到着日から90日以内に手荷物が受け取られなかった場合、吉祥航空は、その手荷物を、所有者不在の手荷物として処分し、当該手荷物の紛失についての法的責任を負わないものとします。 9.8.3. 手荷物を不正な運送の対応 9.8.3.1. 手荷物運送中に延着、紛失、損失、吉祥航空またはその他の地上サービス代理人が旅客と《手荷物運送事故詳細》できるだけ状況と原因を調査し、その結果を旅客及び関わる機関に答えます。手荷物の賠償が発生した場合、出発地、または乗継ぎ地で手続きをします。 9.8.3.2. 吉祥航空の都合で託送手荷物旅客と同機で到着できなくて、旅客の旅行生活の不便をもたらした場合。吉祥航空の規定に準じて、旅客の臨時生活用品を賠償します。 9.9. 手荷物の補償 9.9.1. 吉祥航空の都合 9.9.1.1. 旅客の託送荷物は運送期間に延着、破壊、紛失、または損失など、吉祥航空は責任を負います。 9.9.1.2. 吉祥航空が延着損失を回避するため当該措置を講じることが不可能であったと証明できる場合、吉祥航空は当該遅延による損害を賠償する責任を負いません。 9.9.1.3. 託送手荷物の損失完全手荷物の自然なこと、品質または欠陥で生じた結果は吉祥航空がその責任を負いません 9.9.1.4. 旅客の手荷物が当該旅客を損害し、または他人の損害及び他人の物品の損失と損害を起こした場合、旅客が責任を負って吉祥航空に一切の損失及び一切の費用を賠償しなければなりません 9.9.1.5.旅客が託送手荷物に本約款9.1.2記載している物品の紛失または損害について普通の手荷物として賠償責任を負います。 9.9.1.6.乗継ぎ便をご利用際、吉祥航空が運送ルート上にある手荷物の損失のみ賠償責任を負います。 9.9.2. 損害賠償を求めると法的措置 9.9.2.1.託送荷物の損失が発生し、損害の賠償を求める場合、損害賠償を求める側が損失を発生した後、即時、吉祥航空に異議の書面を提出しなければなりません。託送荷物の損失は遅くても手荷物を受け取りしてから7日間以内に、延着の託送手荷物は遅くても手荷物を受け取りしてから21日間以内提出しなければなりません。前記した期日外の損害賠償を求められません。求められません。 9.9.2.2. すべての異議は上記の期日内に必ず書面状で提出しなければなりません。上記の期日外の損害賠償を求められません。

10.スケジュールの取消し及び変更

10.1.スケジュール 10.1.1.吉祥航空できるだけ、旅行当日スケジュールを公表します。旅客、手荷物を適切な運送を行う。座席をご予約とご購入際、旅客にスケジュールを知らせます。航空券を販売後、スケジュールの変更する場合もあります。その時、吉祥航空が旅客ご提供した連絡方法により旅客に変更したスケジュールを知らせます。旅客が変更したスケジュールを納得できなく、吉祥航空が手配した代替便をご利用しない場合、旅客は本約款の12.6“会社の都合により払戻し”の規定により払戻しの手続きをします。 10.1.2.スケジュールまたはその他のところに表したスケジュールと機種は予定の時間と機種です。当該スケジュールと機種は吉祥航空と旅客間の運送契約一部になりません。 10.1.3.吉祥航空が故意または損失を明確していた上、軽率な行為をし、またはしなくても損害が発生した場合を除く、吉祥航空がスケジュールにあるミスと記入漏れには責任を負いません、吉祥航空の雇員、代理人または吉祥航空代表が出発時間と到着時間、日付または航空便運航についての説明は参照物としてしか扱わなければなりません。 10.2.スケジュールの取消しと変更 下記の状況の一つにあてはまれば、吉祥航空は事前に予告なくても、機種またはルートの変更、取消し、中断、延着航空便の運航。本約款の10.3規定に従います。 10.2.1.国の法律、行政規則、規制、命令または定めを遵守するため、やむを得ない場合。 10.2.2.航空便の安全な運航を確保するため、やむを得ない場合。 10.2.3.吉祥航空が制御不能または予測できないその他の原因 10.3.本約款の9.6項“航空便の取消しと変更”事由のうち一つ、吉祥航空が航空便の取消し、延着した場合、予約された座席(搭乗クラスを含みます)を旅客に提供できないことで旅客の寄航地または目的地に寄航できなかった、または旅客に継続不可能の事態を招いた場合は吉祥航空が、旅客から適切な根拠に基づくご要望を踏まえて、次のいずれかの措置を講じるものとします: 10.3.1..旅客に座席確保できる吉祥航空の次の便を案内する、または航空券の有効期間延長すること。 10.3.2.旅客と変更先航空会社の同意した上、裏書により、旅客を他の航空会社便に振り替える場合。 10.3.3.元航空券のスケジュールを変更する場合、その他の吉祥航空が旅客を目的地または乗継ぎ地まで運送の手配し、運賃、超過手荷物の差額は多い分を返金されますが、不足分を請求しません。 10.3.4.本約款第12.6項の“会社の都合による払戻し“に定められている場合 10.4.本約款の10.2項目に定められているいずれかの事態に陥った場合、10.3.1~10.3.4までに定められている救済措置は旅客が請求できるすべての代替救済措置となります。ただし、旅客が法律と本約款を基づき吉祥航空にその他の責任を引き受けられる場合もあります。 10.5.吉祥航空は旅客と手荷物の延着を回避するため、ありとあらゆる措置を講じます。なお、吉祥航空はすでにありとあらゆる措置を講じた、または措置を講じることは不可能な場合、吉祥航空は責任を負いません。 10.6.吉祥航空は適切な判断によりまたは経営に必要な変更、航空券の取り消し、スケジュールに記載した乗り継ぎ地の取り消しなどを事前通告しなくても運送人と飛行機の変更ができます。 10.7.吉祥航空の都合ではなく、乗客を減少させなければならない状況が発生した場合、 吉祥航空が適切な判断により、一部旅客または手荷物の運送を拒否し、吉祥航空が吉祥航空定めた規定に従って後継ぎのサービスを提供します。航空券の変更または払い戻し、なおその他の責任を負いません。

11.運送の制限と拒否。

11.1.運送の拒否 吉祥航空は安全のためまたは適切な判断により、下記の場合、旅客と手荷物の運送を拒否権利が保有します: 11.1.1.国の法律、政府機関の規定と命令を遵守するため 11.1.2.旅客の行動、年齢、肉体的・精神的状態が航空運送に適さないか、本人、他人またはその財産に損害が生じる可能性がある場合。 11.1.3.旅客が吉祥航空の適用規則または中国東方航空乗務員の取決めや指示に従わない場合。 11.1.4.旅客が保安検査を拒否する。 11.1.5.旅客が航空券の代金や適用される税金もしくは料金を支払わない場合、または旅客が吉祥航空との信用協定を守らない場合。 11.1.6. 旅客が有効な身分証名書を提示できない場合、または旅客が提示した有効な身分証明書が、電子航空券購入時に使用された有効な身分証明書と異なる場合。 11.1.7.旅客が搭乗用片を順番通りにご使用していない場合。 11.1.8.下記を含む、旅客が有効な航空券を提示できない場合。: 11.1.8.1.航空券が不正に入手された、または吉祥航空もしくは旅客販売代理店以外から購入されたものである場合。 11.1.8.2. 航空券の紛失届が出されている場合。 11.1.8.3.航空券が偽造されたものである場合。 11.1.8.4.搭乗用片を吉祥航空または当該販売代理人の許可がなく、変更書き換え、または破損されたものである場合。 11.1.8.5.航空券の所持者が、「旅客氏名」欄に記載されている本人であることを証明できない場合。 11.2.運送の制限 11.2.1.幼児、同伴者いない児童、患者、障害者の旅客、妊婦さんまたは受刑者(容疑者を含みます)を含む特別の取扱いが必要となる旅客の運送は、吉祥航空および当該航空会社が事前に同意し、必要な手配が整える場合に限り、吉祥航空の適用規則および当該航空会社の規則に従って引き受けられます。(上記の運送制限については吉祥航空の販売サービスホットライン:021-95520まで申請やお問い合わせしてください) 11.2.2.旅客の人数を運送制限、安全面のため、吉祥航空が航空便ごとに旅客の人数を制限する

12.払戻し

12.1.一般規定 12.1.1.吉祥航空は契約通りの運送を提供できなかった場合、または旅客のご都合で旅程の変更などについて、旅客が一部または全部吉祥航空の航空券を未使用であれば吉祥航空の航空券払戻しの規定に従って手続きをします。 12.1.2.旅客が払戻しのご要望につては、航空券紛失の状況を除く、必ず紙状航空券未使用の搭乗用片と旅客用片全部を提示しなければなりません。電子航空券未使用の区間は搭乗用片“OPENFORUSE”(有効オープン状態)の状態でなければなりません、旅程表を印刷した旅客は必ず印刷した旅程表を提示し、払戻しの手続きをします。旅客が本人航空券を購入際提示した身分証明書原本を持ち、または第三者に委任する場合、第三者が委任状と航空券に明記した搭乗者の身分証明書、第三者の身分証明書を持ち手続きをします。 12.1.3.未搭乗区間に対応する搭乗用片、旅客用片および支払済証をすべて保有しており、本約款の第11.1.2号および11.1.3号に定められている要件を満たしている者に対し吉祥航空が払戻しします。正式な払戻しと見なされますし、即時、吉祥航空と旅客の運送契約が解除されるものとします。 12.1.4.紙状航空券の紛失により払戻し 航空券の一部分またはすべてを紛失した場合、旅客が定められた期限までに、紛失の証拠を提示し、適用される手数料の全額を支払い、下記の条件がすべて満たされているであれば、吉祥航空は、航空券の有効期間満了後に、旅客に対し払戻しします。 12.1.4.1.吉祥航空が紛失航空券の運賃をすでに払い受けていること。 12.1.4.2.払戻し申請前に紛失航空券が未使用状態と払い戻しされておらず、吉祥航空が旅客の別料金を未納付状況に新たに航空券を再発行していないこと。 12.1.4.3.旅客が、吉祥航空の《紛失航空券再発行申請書遗》に必要事項を記入すること。 12.1.4.4.旅客が今回の航空券を紛失したことで吉祥航空航の一切損失を補償することを認め、すでにまたは今後他人が紛失した航空券を不正に使用したり、払戻しの返金を受けたり、及び必要な時の訴訟費用も含まれています。 12.1.4.5.吉祥航空の過失により紛失航空券の不正な使用もしくは払戻し、または代替航空券の購入については補償対象外となります。 12.2.払戻し期限 払戻しは、最初の運送の開始日(最初の搭乗区間の用片が未使用の場合、航空券発券日)から13か月以内に申請する必要があります。吉祥航空は、この期限以降の払戻し申請を受け付けません。 12.3.払戻し場所 12.3.1.旅客の都合による払戻しの場合、払戻し申請は、航空券の元発券場所運送人または吉祥航空航の払戻しの権利を保有する代理人によって処理されます。 12.3.2.吉祥航空公式サイトを経由して購入した航空券の払戻しは、当該航空券の販売元を通して払戻しを申請しなければなりません。 12.4.通貨 払戻しは、航空券の購入元および払戻し国の法律および他の規則に従って為されるものとします。吉祥航空は、原則として航空券の購入に使用された通貨で払戻ししますが、吉祥航空に規定されているその他の通貨でもできます。 12.5.クレジットカードまでの払戻し クレジットカードまたは他の現金以外の支払手段で購入された航空券の払戻しについては、航空券購入時に使用されたクレジットカード等の口座に返金します。なお、為替の原因で差額があり、払戻しされた金額が購入際の金額と合わない場合旅客が差額の請求権利が保有されません。 12.6.会社の都合による払戻し 本約款の第3.3.1号に定められているいずれかの状況を根拠に旅客が払戻しを求めた場合、払戻額は、以下に定める通りとなります。 12.6.1.航空券が未使用の場合、運賃の全額に税金を加えた額が払い戻されます。払戻手数料はかかりません。 12.6.2.航空券の一部未使用の場合、払戻し金額は運賃の全額と使用した区間運賃の差額です。払戻手数料はかかりません。 12.6.3.航空便が航空券に記載していないターミナルに到着した場合、旅客の払戻しのご要望により払戻し運賃は間違えた到着地から目的地までの元航空券と同じ割合とクラスグレードの運賃です。ただし、元運賃を超さないこととします。払戻し手数料を請求しません。間違えた到着地から目的地までの運賃は、適切な運賃の運送人を選択し、運賃を公表されていない場合、間違えた到着地から目的地まで交通手段の運賃を払い戻します。なお、同じ交通手段の中でいくつの運賃が表した場合、平均運賃を払戻しします。 12.6.4.旅客のご都合により航空便を変更し、変更手数料を交付した後、変更した航空便異常がある場合、旅客に払戻しのご要望があった場合、払戻し手数料を請求しません。ただしすでにお支払った変更手数料を払い戻しません。 12.7.旅客の都合による払戻し 12.7.1.航空券が未使用の場合、運賃に税金を加えた額から払戻手数料を差し引いた額が払い戻されます。 12.7.2.航空券の一部区間使用済みの場合、元航空券の運賃から使用済み区間の運賃(片道で計算すること)、払戻し手数料及び税金を控除し、差し引いた額が払い戻されます。 12.7.3.搭乗済み区間に適用される運賃が、原航空券の運賃総額と同額以上の場合、運賃は払い戻されず、未搭乗区間に適用される税金が旅客に払い戻されます。 12.7.4往復割引計算された航空券の運賃を払戻しする場合、払戻しの規定に従って約款の最も厳しい規則で実行します。 12.8.払戻手数料 12.8.1.吉祥航空は旅客に対し払戻手数料を請求できます。旅客に払戻しは吉祥航空の本約款12.7項“旅客のご都合により払戻し”に従って、旅客に払戻手数料を請求します。 12.8.2.戦争で障害軍人と公務で障害警察の運賃払戻しの払戻し手数料は請求しません。 12.8.3.2特別説明を除く、児童航空券の払戻し大人航空券に適用される払戻手数料を請求します。幼児航空券の払戻しについては、手数料を請求しません。 12.8.4.旅客が発病したことによる払戻しについては、二級甲等以上の病院(中国国内の場合)が発行した診断証明書を提示すると、払戻手数料が免除されます。発病した旅客の同行者が払戻しを申請する場合、当該同行者が発病した旅客と同時に手続きをされると、払戻し手数料免除されますが患者一人につき2名まで同行者の払戻手数料を免除できます。 12.8.5. 旅行中に旅客が死亡したことによる払戻しについては、旅客以外の人物が申請手続中に公安省または中国人民武装警察部隊が発行した死亡証明書を提出した上、払戻手数料が免除されます。死亡した旅客の同行者による払戻し申請は、当該同行者が、死亡した旅客の航空券の写真複写物および関連する裏付書類を提出し、死亡した旅客の払戻し申請と同時に自らの払戻しも申請する場合に限り、払戻手数料が免除されます。この場合、払戻し申請は、旅客の死亡後45日以内に為されるものとします。 12.9.払戻しの拒否 12.9.1.途中寄航地に旅客がご自身の都合の上、旅行を中止した場合、未搭乗区間の運賃の払戻しは認められません。 12.9.2.航空券に「払戻し不可(non-refundable)」または「差額払戻し不可(no balance refundable)」という記載がある場合は、税金のみ払戻しを受けられます。払戻手数料はかかりません。 12.9.3.吉祥航空は、偽造または模造された航空券を、払戻しまたは返金を為すことなく取得する権利を留保しています。 12.9.4.本約款に別途明記されていない限り、航空券の有効期間満了日から30日以降に払戻し申請があった場合、吉祥航空はこれを拒否することができます。 12.9.5.旅客が購入した航空券の目的地が、旅客が入国を拒否されるか、国外退去処分を受けた目的地の場合、吉祥航空は、いかなる払戻しにも応じません。

13.航空券の変更

13.1.会社の都合により変更 13.1.1吉祥航空をご利用の旅客、天気、航空管理など予測不可能な吉祥航空の原因ではない航空便の取消し、早着、延着、航空便変更、乗継ぎの連続できないまたは予約済座席を提供できない場合。吉祥航空が旅客の適切なニーズに応じて、下記の1つ措置を講じる: 13.1.1.1.旅客に座席がある吉祥航空の手配を優先する。 13.1.1.2.旅客と運送人の同意を得てから、進路変更の手続きをされます 13.1.1.3.元航空券の旅程表を変更し、吉祥航空の航空便で目的地または乗継ぎ地までの手配をします,運賃と超過手荷物費用は多い分返金し、少ない分は差額を請求しません。なお、その他の差額と税金など地上運送費用及び地上サービスの費用は、旅客がご負担します。 13.1.2.吉祥航空をご利用の旅客、機体のメンテナンス、航空便の調達など、吉祥航空の原因で航空便の取消し、早着、延着、航空便の変更、継続不可能、または予約済みの座席を提供できず、吉祥航空は旅客の適切なニーズに応じて下記の措置を講じる。 13.1.2.1.旅客に座席がある吉祥航空の手配を優先する。 13.1.2.2.旅客と運送人の同意を得てから、進路変更の手続きをされます 13.1.2.3.元航空券の旅程変更し、吉祥航空やそのたの運送人の航空便の手配をする。またはお互い了承した上、その他の交通手段で目的地や乗継ぎ地まで運送します。運賃と超過手荷物の差額は多い分返金し、少ない分は差額を請求しません。 13.1.3.吉祥航空の航空便が変更された場合、旅客がご利用する航空便の前後3日間以内の航空便に限り申請及び変更を提出しなければなりません。 13.2.旅客のご都合により航空便の変更、日付やクラスグレード(物理クラス、指定クラス)旅客が航空券をご購入後、変更のご要望がありまして、吉祥航空は座席がある、運賃使用条件に許せる範囲内、極力手配します。変更することにより運賃の差額が生じた場合、足りない分は変更手数料と一緒に旅客に請求します。多い分は“旅客のご都合により”払戻し手続きをし、再発行をするか、または元運賃で旅行を続くこと、旅客が判断します。 13.3.特別説明を除く、児童運賃の児童または座席を占める幼児運賃の変更手数料は大人と同じです。ただし、座席を占めない幼児運賃の航空券の変更手数料は発生しません。

14.経路の変更

14.1.吉祥航空の都合により経路変更 航空便の取消し、延着、旅程変更または予約済みの座席を提供できない場合、吉祥航空が優先的に次の便の案内をします。吉祥航空例外規定を除く、旅客と運送人の同意を得てから、経路変更の手続きができます。 14.2.旅客のご都合により経路変更 旅客が吉祥航空、または吉祥航空運送区間を含まれている航空券、ご自身のご都合により区間運送人の変更する場合、航空券適用条件許せる範囲内、経路変更の手続きができます。 14.2.1.旅客の運賃は経路変更制限なし。 14.2.2.旅客が経路変更の運送人は吉祥航空とコードシェアの契約があり、お互い航空券の開示と受け取りことができます。 14.2.3.本約款14.2に適用しない旅客は運送人の変更、一律本約款の12.7“旅客ご都合により払戻し”の規定に従って手続きします。 14.2.4.吉祥航空の販売代理人が吉祥航空の権限を与えていない場合、旅客の経路変更の手続きができません。

15.旅客サービス

15.1.一般サービス 15.1.1.吉祥航空が飛行機の安全と航空便が順調に運航できるが保障した上、良質的なサービスを提供に基づく、礼儀正しく、行き届くサービスの態度で真剣に地上と機内の旅客運送の様々な業務。 15.1.2.吉祥航空が旅客に空港地域内、空港から町まで、または空港から空港までの地上運送業務を提供しません。当該運送サービスを提供者の過失、または吉祥航空、販売代理人が当該運送サービスを旅客に提供したヘルプについて、吉祥航空が責任を負いません。 15.1.3.乗継便の寄航地での飲食サービスおよび宿泊サービスの費用は、いずれも旅客が負担します。 15.1.4.運送中、旅客が病気になった場合、吉祥航空が積極的救急措置を講じます。 15.1.5.運行中、吉祥航空が規定に沿って旅客に食事と飲み物を無料で提供します。ただし、旅客のご要望が規定に含まれていない場合、それに対する費用を求めます。 15.1.6.航空便延着または取消し際、吉祥航空及び地上サービス代理人が即時にこの情報を旅客に通知します。

16.機内行為

16.1.航空機内で旅客が以下の行いを為した場合、吉祥航空は、当該旅客の拘束または強制降機を含む、当該行為を阻止するために必要であると吉祥航空が判断した措置を講じることができます: 16.1.1.航空機、人命または財産に危険を及ぼすおそれのある行為。 16.1.2.乗務員組職務責任の履行を干渉する 16.1.3.乗務員の取決めや指示に従わない行為。 16.1.4. 喫煙、飲酒または薬物摂取する行為 16.1.5.その他の旅客が適切な反対されて、その他の旅客に不快感、不便、損害や負傷またはその恐れがある行為です。 16.2.電子機器 旅客が、航空機搭乗中に、吉祥航空乗務員の許諾なく、補聴器、心臓ペースメーカーおよび呼吸補助器具(準拠法および政府規制に従い、安全な飛行を脅かす可能性のある機器として禁じられている機器は除きます)は除く電子機器を使用することは禁じられています。この電子機器には、ノートパソコン、ポータブルレコーダー、携帯ラジオ、電子ゲームまたは電波を発する装置(無線操縦玩具、無線LANカード、携帯電話およびトランシーバーを含みます)が含まれますが、これらに限定されません。エネルギー(160Wh)の移動バッテリーを使用または機内に持ち込みも禁じられています。 16.3.禁煙航空便 吉祥航空便はすべて禁煙です。吉祥航空機内のどのエリアにおいても喫煙は禁止されています。 16.4.アルコール飲み物 機内、吉祥航空が提供したアルコール飲料以外、その他のアルコール飲料を飲むことができません。 16.5.シートベルト着用義務 航空機内で着席している間は、必要に応じてシートベルトを締めなければなりません。

17.延着の処置

17.1.航空便が延着した際旅客サービス 17.1.1.吉祥航空が航空便の状態が発生した30分以内公共情報サイド、公式サイド、アナウンサー、コールセンター、SMS、電話などで正確的即時、旅客に延着と取消しの情報を通知します(航空便延着と取消しのダイナミックを含む) 17.1.2.航空便が延着または取消しした際、本約款、航空券使用条件により、旅客に払戻し、または経路変更を適切に手配します。 17.1.3.航空便が延着または取消しした際吉祥航空またはその他の地上サービス代理人が下記の通り旅客に宿泊と食事のサービスを提供する: 17.1.3.1.吉祥航空をご利用の旅客、機体のメンテナンス、航空便の調達など、吉祥航空の原因で航空便の取消し、延着など、吉祥航空は旅客に宿泊と食事のサービスを提供する。 17.1.3.2.天気、突発事件、運行交通管轄制度、安全検査及び旅客、吉祥航空以外の原因での航空便の延着または取消しについては、吉祥航空が旅客の食事と宿泊の手配をヘルプします。なお、費用は旅客負担。 17.1.4.航空便が延着または取消しする時、吉祥航空が障害者、年寄り、妊婦、同伴者いない児童のサービスは優先的する。 17.2.機内の延着処置 17.2.1.機内で延着が発生した後、30分ごと航空便延着原因、予測延着のダイナミックを通報する。 17.2.2.機内の延着際、安全運行を影響されない上、吉祥航空が洗面所設備の正常使用を保障する。 17.2.3.機内の延着が2時間以上(2時間を含む)の時,機内の旅客に食品と飲料水を提供します。 17.2.4.機内に3時間(3時間を含む)以上延着し、離陸時間の見通しが悪くて、安全運送、保安規定に違反でなければ、旅客を降機案内する。

18.延着の補償

18.1.適用範囲 18.1.1.吉祥航空の原因と吉祥航空の原因ではない、航空便の延着または取消しについて旅客にサービスまたは経済的の補償。 18.1.1.1.吉祥航空の原因とは機体のメンテナンス、航空便の調達、乗務員組、など、吉祥航空自身の原因です。吉祥航空の原因で延着4時間(4時間を含む)以内、サービス補償を与えます。吉祥航空の原因で延着4時間以上(4時間を含む)の場合、サービス補償を含む、経済的の補償も与えます。 18.1.1.2.吉祥航空の原因ではないとは天気、突発事件、運行交通管轄制度、安全検査、旅客または公共安全の原因です。吉祥航空の原因ではないため、サービス補償を与えます。 18.1.1.3.旅客が吉祥航空ポイントで交換した航空券でも補償適用範囲内です。 18.1.1.4.旅客がお持ち吉祥航空の無料航空券または割引航空券の場合は補償範囲外となります。 18.2.航空便の延着補償基準(詳しい情報は付加1をご参照)

19.バゲージクレームの管理

19.1.吉祥航空バゲージクレーム電話:021-95520按“5”; 19.2.吉祥航空バゲージクレームメールアドレス:customercare@juneyao.com; 19.3.吉祥航空はバゲージクレームを受けた7日間以内に処理並び旅客に解決状況を通知する。

20.行政書類

20.1一般事項 20.1.1.出発国、目的国および通過国の法令、規則、命令、定め渡航要件および運送規制規則をすべて遵守し、必要な渡航書類をすべて用意する責任は、旅客が単独で負うこととなります。 20.1.2 旅客が前述の国の関連法令、規則、命令または定めを遵守していないか、旅客の渡航書類が要件を満たしていないことで生じた結果は吉祥航空が責任を負いません 20.2 旅行の書類 旅行開始前、旅客が関わる国の法令、規則、命令、定めまたはそのたの規定に定めた出国、入国、健康証とその他の証明を提示しなければなりません、尚且つ、吉祥航空が写しの受け取りもできます。旅客が上記規定または各証明が相応しくない場合、吉祥航空が運送を拒否する権利を留保しています。 20.3入国の拒否 旅客が目的地への入国を拒否されたことにより、吉祥航空が当該旅客を出発地またはその他の場所に送還する当該旅客は、当該送還に適用される運賃をお支払い、吉祥航空が被った他のあらゆる損失を吉祥航空に賠償する必要があります。また、吉祥航空が当該入国を拒否された目的地までの運賃は払戻ししません。 20.4.旅客が罰金、滞在費用を負担する。当該検査過程中生じた如何なる損失や損害など、または旅客が定めを遵守しなかった生じた損失や損害は吉祥航空責任を負いません、旅客が、関係国の法令、規則、命令または規定を遵守していないか、関係国が求める通りに渡航書類を提出できないことにより被った損失は、いずれも旅客の負担となります。当該旅客は、要求に応じて、吉祥航空が支払った罰金または負担した経費を吉祥航空に払い戻す必要があります。吉祥航空が旅客未使用区間の運賃または吉祥航空が把握している旅客の運賃中からを控除します。以上の損失を回避するため、旅客が旅行開始前目的地または乗継ぎ地国の規定を調べ、遵守しなければなりません。 20.5.税関検査 ご要望があれば、旅客が空港で税関、または政府機関等旅客の手荷物を検査することに応じなければなりません。 20.6.安全检查 吉祥航空は、政府機関、空港の保安員、その他の運送人、または吉祥航空が要望した様々な安全検査、吉祥航空がこの検査により旅客の人身損害、物品損失や損害などに責任負ないとします。(吉祥航空過失によりを除く)

21. 損害賠償責任

21.1.吉祥航空は、機内で発生した事故、または搭乗中もしくは降機中に発生した事故により旅客が死傷したことで、損害を賠償する法的責任を負うこととなります。ただし、旅客はご自身健康状況によりなったのは一切責任も負いません。 21.2.吉祥航空の機内または吉祥航空が運送期間内に旅客の託送手荷物が破損、紛失した場合、損害賠償責任をおいます。持ち込み手荷物に対して、吉祥航空が雇員、販売代理人のミスに損害賠償責任も負います。ただし、荷物(託送手荷物と持ち込み手荷物を含む)の損失は手荷物の自身欠陥、品質または瑕疵によりなったのは吉祥航空が損害賠償責任を負いません、また、手荷物の外部損害と磨耗については責任を負いません、例えば:手荷物の外側部分:ベルト、ポケット、キャリーの棒、掛り、または荷物の追加品の損害、または大きな荷物の損害。 21.3.吉祥航空が旅客、運送人を運送する間、吉祥航空延着することにより損失や損害に賠償責任を負うこととなります。なお、吉祥航空の代理人、従業員損失の回避のため、あらゆる措置を講じた場合、吉祥航空が責任を負うことができません。旅客は吉祥航空が定めた時間内に手荷物損失に関わる書類を提示し、申告しない限り、吉祥航空その責任を負いません。 21.4.吉祥航空が損失は賠償受ける人、または賠償受ける人から利益もらえる人の過失により起こした証明ができれば、過失でおこした結果程度により吉祥航空の責任を減少または免除するべきです。旅客またはその他の人旅客死亡について賠償を請求する際、吉祥航空が死亡の原因は本人の過失で起こした証明ができれば、同様、過失でおこした結果により吉祥航空の責任を減少または免除すべきです。 21.5.賠償責任限度額について 21.5.1.賠償責任限度額は1999年の《モントリオール条約》に定めた“国際運送“適用であれば、優先的に準じます。 21.5.2.賠償責任限度額は1929年《ワルシャワ条約》及び1955年《ハーグ議定書》定めた“国際運送”に適用するが、1999年《モントリオール条約》定めた“国際運送”に適用しない場合《ワルシャワ条約》及び《ハーグ議定書》に準じます。 21.5.3.条約の“国際運送”に適用しない場合、双務契約または《中国民間用航空法》など国内法律、政府機関規定または関わる規定に準じます。 21.6.公約に賠償責任限度額についての規定 21.6.1.《ワルシャワ条約》及び《ハーグ議定書》 21.6.1.1.吉祥航空が旅客の死亡賠償責任限度額は250,000フランス通貨または同価値の貨幣を超えないものとします。 21.6.1.2.吉祥航空は託送荷物の賠償責任限度額が1kgにつき250フランス通貨または同価値の貨幣、持ち込み手荷物と旅客身回り物品の賠償責任限度額は一人につき5000フランス通貨または同価値の貨幣、手荷物預り証に重量の記録がなければ、託送荷物の総重量が座席クラスグレードの無料手荷物許容量をこえないものと見なされます。本約款により価値申告した託送手荷物は損害賠償責任限度額は申告した価値を超えないものとします。 21.6.2.1999年《モントリオール条約》 21.6.2.1.吉祥航空が旅客1人につき旅客死亡賠償責任限度額113,100 SDRを超えないものとします。条約の21項目と21項目1の規定に適用します。 21.6.2.2.吉祥航空が運行運送中の延着で起こした損失、賠償責任限度額は一人につき4,694 SDR または同価値の貨幣を超えないものとします。ただし、吉祥航空、雇員、代理人たち損失を回避するため、あらゆる措置を講じたまた措置を講じるのは不可能の場合、吉祥航空が当該延着で起こした損失に責任を負いません。 21.6.2.3.吉祥航空が荷物(託送手荷物、持ち込み手荷物)の損害賠償責任限度額は一人につき1,131SDRまたは同価値の貨幣を超えない物とします。本約款で価値申告した託送手荷物は、損害賠償責任限度額は申告した価値を超えないものとします。 21.6.2.4.国際民間用航空組織《モントリオール条約》第24項に基づき限度額を再審査を行い、限度額の調整などがありましたら、吉祥航空が再審査により調整した賠償責任限度額を参照します。 21.7.本約款で前述各規定と抵抗がなかった場合、国際運送本約款の条約であるかとうか関わらず下記の項目すべて適用: 21.7.1.吉祥航空が運送した航空便のみ損害賠償責任を負います。吉祥航空がその他の運送人のため航空便の航空券の開示、運送または手荷物の託送に対しては当該運送人の代理人としてのものとします。 21.7.2.吉祥航空が法律または政府機関の規定、命令を遵守するため生じた損失に対して吉祥航空が責任を負いません。旅客が上記法律または政府機関規定、命令など、遵守しなかったことで生じた損失も吉祥航空が責任を負いません。 21.7.3.吉祥航空の責任は証明できる直接生じた損失を超えないものとします。間接損失、または結果がもたらした損失に対しては吉祥航空が責任負いません。 21.7.4.旅客の手荷物内の物品が原因で、当該旅客自身またはその手荷物に損害が及んだ場合、吉祥航空は、当該旅客の損失について一切責任も負いません。旅客の物品が、他人または吉祥航空の所有物に損害を及ぼした場合、当該旅客は、当該損害に起因するあらゆる損失、と吉祥航空が負担したあらゆる費用の賠償を吉祥航空に対してお支払う必要があります。 21.7.5.旅客自身の年齢、運送時の精神状態または身体状況に起因または帰属する旅客の死亡、負傷または容体の悪化については一切責任も負いません 21.7.6.旅客の手荷物に本約款の第9.1.2項に定める制限する物品の破損、紛失または損害については、吉祥航空は通常の受託手荷物における損害に適用される定め従って損害賠償責任を負います。 21.7.7.本約款に基づき吉祥航空が負うべきあらゆる法的責任またはその制限は、吉祥航空の代理人、従業員および代表者、ならびに吉祥航空が使用する航空機を所有するあらゆる法人またはその代理人、従業員および代表者にも適用されます。吉祥航空ならびに上記の代理人、従業員、代表者および他のあらゆる人が支払うべき損害賠償金の総額は、吉祥航空が法的責任を負うべき限度額を超えないものとします。 21.7.8.本約款の明確条件を除く、条約または適用法律に定めた吉祥航空責任に免除または制限のあらゆる規定を除きません。 21.8. 旅客または手荷物に関する損害の賠償を求めるための法的措置は、吉祥航空便が目的地に到着した日、到着するべき日または当該運送が終了した日から2年以内に提起する必要があります。

22.相次航空会社

1冊の航空券又は1冊の航空券及びそれに結合して発行された関連航空券により複数の運送人が相次いで行う運送は、単一の取扱いとします。コードシェア便でも航空券に記載している各運送人は法律上の特別な規定を除く、個々の運送人の運送約款に拠ります。

23.そのたの規定

23.1.旅客、手荷物の運送、旅客は吉祥航空その他の適用規定と条件を準じなければなりません。これらの規定は変更する可能性があり、とても重要なことです。無同伴児童、妊婦さん、患者旅客の運送規定、電子機器の使用制限規定、機内にアルコール飲み物を飲む際の規定などを含む、上記の運送規定と条件については吉祥航空までお問い合わせしてください。

24.発効および訂正

24.1.本約款は、公表した日に発効します。またこれと同時に、2010年5月1日に発効した吉祥航空の旅客および手荷物に関する国際運送約款は廃止となります。 24.2.吉祥航空が中国民間用航空総務局定めた手順により、通報しなくても運送条件、運送規定、運賃と費用標準などの修正する権利があり、ただし、修正する前の運送は適用しません。吉祥航空の従業員、販売代理人または雇員は運送条件、運送規定、運賃、と費用標準などの訂正と違反は認めません。 24.3.運送人:上海吉祥航空株式会社 略称:HO

追加1:航空便延着の補償基準
延着理由 延着時間 地上サービス補償基準 機内サービス補償基準 経済的の補償基準
航空会社の都合で延着 4時間以内(4時間を含む) √30分ごと航空便の情報を通報すること;
√航空便が2時間(2時間含む)から4時間(4時間含む)まで延着した場合、旅客におやつ及び飲み物を提供し、食事時間に当たっては(朝食7:00-9:00、昼食11:00-13:00、夕食17:00-19:00)食事を提供する
√旅客のご要望に応じて、無料で航空券の変更と払戻し手続きする
√旅客のご要望に応じて、航空便の延着または取消し書面証明を提示する
√30分ごと航空便の情報を通報すること
√機内に2時間(2時間含む)延着した場合、旅客に食品と飲み物を提供する
√機内に3時間(3時間を含む)以上延着し、離陸時間の見通しが悪くて、安全運送、保安規定に違反でなければ、旅客を降機案内する。
なし
4時間以上(4時間を含む) √30分ごと航空便の情報を通報すること;
√航空便が4時間以上延着、または取消しした場合、旅客の食事及び宿泊を無料で提供する。
√航空便が4時間以上延着した場合、旅客におやつ及び飲み物を提供し、食事時間に当たっては(朝食7:00-9:00、昼食11:00-13:00、夕食17:00-19:00)食事を提供する
√乗継ぎ便(運送人は吉祥航空であること)出発航空便が取消し、延着したことで旅客が違う乗継ぎ便を搭乗した損失は出発地の責任者が補償標準に従って実施する
√旅客のご要望に応じて、無料で航空券の変更と払戻し手続きする
√旅客のご要望に応じて、航空便の延着または取消し書面証明を提示する
経済的の補償方法は2種類があります。旅客のご要望に応じて1つの方法を選択して実行する
(1) 延着4時間(4時間)-6時間(6時間)a. 現金:200元
b. 現金と同価値の会員ポイントを補償すること(200ポイント)
(2)6時間(6時間含む)-8時間(8時間含む)a. 現金:300元
b. 現金と同価値の会員ポイントを補償すること(300ポイント)
(3)8時間以上延着
a.現金:400元
b.現金と同価値の会員ポイントを補償すること(400ポイント)
延着理由 延着時間 地上サービス補償標準 機内補償サービス標準
航空会社の都合外 4時間以内 √ 30分ごと航空便の情報を通報すること;
√ 航空便が出発地延着または取消しした場合、旅客の食事を手配し、費用は旅客が負担する。
√旅客のご要望に応じて、航空便の延着または取消し書面証明を提示する
√旅客のご要望に応じて、無料で航空券の変更と払戻し手続きする
√30分ごと航空便の情報を通報すること
√機内で延着時間が2時間を超えた場合、旅客に飲み物と食品を提供すること
√機内で延着時間が3時間超えて、出発時間見通し悪い場合、安全運送、保安規定に違反でなければ、旅客を降機案内する。
4-8時間以内(4時間も含め) √ 30分ごと航空便の情報を通報すること
√ 航空便が出発地延着または取消しした場合、旅客の食事と宿泊を手配し、費用は旅客が負担する。
√乗継ぎ便(運送人は吉祥航空であること)出発航空便が取消し、延着したことで旅客が違う乗継ぎ便を搭乗した損失は出発地の責任者が補償標準に従って実施する:
√旅客のご要望に応じて、無料で航空券の変更と払戻し手続きをする。
√ 旅客のご要望に応じて、航空便の延着または取消し書面証明を提示すること